« Quiz Night | トップページ | 梨狩り »

Mateship

昨日のQuiz Nightでピーターが語ってくれたメッセージをシェアします。タイトルは、What is a Good Friend?でした。

P9240154

オーストラリア(ピーターの母国)では、Mateという言葉を使います。友達という意味です。Mateship(友情、仲間意識)というのは、第二次世界大戦のトルコでの戦いのときから来ています。その戦争中、多くのオーストラリアの若者が、戦いのためにトルコへ送られました。そのとき、間違った海岸へ到着し、逃げ場を失うという事態に遭遇したのです。そして、トルコ軍の襲撃に遭ってしまいました。

多くの若者が共に戦い、その仲間(戦友)のために命を落としました。命をかけて仲間を守る、この精神は非常に質の高い友情(仲間意識)と言えます。

日本にも、これとよく似た精神が存在することを知っています。サムライ(侍)スピリット、武士道の精神などがそれに当たると思います。侍は、上に立てられた権威に対して従順です。お上の命令・意思には命がけで従う。成すべき分を果たすためには命をも厭わない。その精神は、オーストラリア人がトルコで経験したMateshipのそれと通じるものがあると思います。

ある一人の聡明な方がこのように言っています。「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない多くのオーストラリア人は、彼らの命を犠牲にしました。多くの侍も同じようにしてきました。でも、この聡明な方は、オーストラリアのMateshipや日本の侍スピリットよりももっと前に、この世のすべての人のために命を犠牲にしたのです。それは、永遠の命を与えるためです。私たち人間は、というものを恐れて生きています。でも、この聡明な方、彼の名前はイエス・キリストと言いますが、彼がその死の恐れに打ち勝ち、私たちに永遠を約束してくださったのです。それゆえに、私たちは死を恐れる必要がなくなったのです。彼、イエス様を他にしては、私たちは永遠を見ることはできません。

日曜日の夜、オーストラリアのMateshipについて、またトルコでの戦いの行方などについて、もう少し話をします。ぜひ教会へ来て、聞いてみてください。

|

« Quiz Night | トップページ | 梨狩り »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

イエス様は、その全能のお力で私たちに別の方法でイエス様が
どなたであるかを示すことが出来たのに、私たちの命を救うために
あえて人間の姿をとり、自ら十字架にかかって下さった。

多くの人に、この愛を知って欲しいですね!

投稿: ゆり | 2007/10/07 11:45

主はユダさえも友と呼んでくださいました。
ときどき、自分はユダ以下って思うときもあります。
そんなときMateと呼んでくださる。なんてありがたい
ことでしょう。
その友のために命をすてる。これより大きい愛はない。
主イエスはまさしく有言実行されたお方です。
オーストラリアとトルコの戦争の話は初めて知りましたね。
愛する友。友のために命を捨てるほどの愛。主の愛に
ただただ感謝します。

投稿: 大隅のただ | 2007/10/07 17:44

>ゆりさん
イエス様の愛情表現は、最高で最上ですね。私たちを高いところから見下ろすようなことはせず、自らを低くして命がけの愛を示してくださった。そこに、イエス様の私たちに対する愛の深さを感じます。


>大隅のたださん
「I love you.」それを身をもって表してくださったイエス様に心から感謝します。自分の弱さを知れば知るほど、イエス様が友と呼んでくださることへの畏れと喜びが深く大きくなります。感謝です☆

投稿: nizzy+ | 2007/10/09 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mateship:

« Quiz Night | トップページ | 梨狩り »