« 洗礼式☆ | トップページ | めがね »

心を守るために

今日の会社でのこと。ある人から、心を逆なでられるような、苛立たせるような言葉をかけられました。些細なひとことと言ってしまえばそれまでですが、気分の良いものではありませんでした。でも、それが怒りに変わる前に、イエス様に祈りました。

「イエス様、助けて!私、きっとこのままだと、すごく腹が立ってしまう。この人に対して嫌な気持ちでいっぱいになってしまう。そうはなりたくないの。だから、助けて!私の心を守って!!」

その人の発した言葉は確かに良いものではなかったけれど、そのこと云々よりも、私は自分の心がその言葉によって良くない影響を受けるのを避けたかったのです。

イエス様は、私の祈りに応えてくださいました。グッと飲み込んだそのモヤモヤした感情が、少しずつ収まり、すーーーっと消えていきました。

帰宅して、聖書を開きました。そして、このみことばを受け取りました。

ただあなたはみずから慎み、またあなた自身をよく守りなさい。(申命記 4:9

怒りをやめ、憤りを捨てよ。心を悩ますな、これはただ悪を行うに至るのみだ。(詩篇 37:8

131779115_136

私たちが毎日生きていると、いろんなことがある。良いことも、そうでないことも。そして、望むと望まざるとに関わらず、いろんな影響を受けている。良いものからの良い影響は大歓迎だけれど、そうでないものに心を許したくはない。いつも心を良い状態に守っていたい。でも、それってすごく大変なこと。だって、世の中には心を迷わせる、不安にさせる、苛立たせる・・・そのようなものがたくさんある。たくさんありすぎる。

だから、イエス様が必要なの。イエス様に守ってもらわなきゃ、心はすぐに疲れちゃう。

わが子よ、確かな知恵と、慎みとを守って、それをあなたの目から離してはならない。それはあなたの魂の命となり、あなたの首の飾りとなる。こうして、あなたは安らかに自分の道を行き、あなたの足はつまずくことがない。あなたは座しているとき、恐れることはなく、伏すとき、あなたの眠りはここちよい。(箴言 3:21-24

Footprints_2

My son, preserve sound judgment and discernment, do not let them out of your sight; they will be life for you, an ornament to grace your neck. Then you will go on your way in safety, and your foot will not stumble; when you lie down, you will not be afraid; when you lie down, your sleep will be sweet. (Proverbs 3:21-24)

イエス様、私を、私の心を、守ってくれてありがとう!人の言葉や、態度、感情に振り回されることのないように、いつもイエス様にフォーカスします!!

|

« 洗礼式☆ | トップページ | めがね »

聖書のみことば」カテゴリの記事

コメント

nizzy+さん
心を守ること、怒りをおさえ、主に祈って御言葉によって平安を得る。容易なことではありませんが、よくがんばっていますね。成長されているなあ、と感心しています。

最近「本当に赦すということ」という本、いける水の川社から出ている最新本ですが、これを読みました。本当に赦すって・・・詳しくは読んで見られたらいいかも知れません。

心が守られ、いつもの元気なnizzy+さんに戻られるようにお祈りしています。

投稿: 大隅のただ | 2007/11/21 20:42

>大隅のたださん

赦す。受け入れる。・・・とても難しいです。
イエス様の助けなしには、絶対に無理です!(断言。笑)
事実、プリプリ怒ってしまうこともしばしば。
いつもW.W.J.D.を心に刻んで過ごす者でありたいです。

「本当に赦すということ」、読んでみます。。。

投稿: nizzy+ | 2007/11/22 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗礼式☆ | トップページ | めがね »