« クリスマスの光 | トップページ | Aussie Christmas »

keep going

お久しぶりです。一週間もお休みしちゃいました。

今日、木曜集会へ行きました。10日ぶりの礼拝(理由は、続きを読んでね)。メッセージを聞きながら、賛美しながら、涙がごーごー流れました。嬉しかった。ホントに嬉しかった。礼拝できることがこんなに嬉しいことだったなんて。当たり前だと思ってた恵みに改めて感謝。。。

この一週間は、いろんなことがありました。心身ともにクタクタでした。でも、イエス様はちゃんと私の手を握っててくれました。ありがとう。

3496363392

①風邪で寝込みました。

流行にしっかり乗っかってしまいました。先週の木曜日から体調があまり良くなくて、「疲れてるのかな~」なんて思ってたんです。そしたら、その翌日の金曜日には体調が悪化。職場の人曰く「かなりひどい顔をしていた」らしいけど、自分でもすごいしんどくて熱を測ってビックリ・・・!高熱やん!!翌日の土曜日も朝から夜まで教会での奉仕が入ってたんだけど、15時くらいには意識がモウロウとしてきてギブアップ。車で送ってもらって帰宅して、倒れこむようにしてベッドへ。そこからは起き上がることもままならず、撃沈。結局3日間も寝込みました(月曜日も会社を休んじゃいました)。こんなに寝込んだのは久しぶり。大好きな日曜日も、礼拝にも行けずベッドで一人うーうー唸ってました。

奉仕を途中で放って帰ってきたこと、礼拝に行けなかったこと、しんどいのに部屋で一人なこと、・・・ベッドでいろいろ考えてたら、何だか寂しくなってしまってました。でもね、そんな私にいろんな人が を届けてくれたんです。祈ってるよー!ってメールくれたり、食べるもんないやろ?今から持って行くわ!と忙しい中家まで届けてくれたり、全部ぜんぶ計ったかのように素晴らしいタイミングで。そのときに思ったんです。あー、神様の家族って最高やなぁ。神様で繋がれている関係って最強やなぁ。

イエス様、私に愛する神の家族を与えてくれてありがとう。祈ってくれる家族、支えてくれる家族、励ましてくれる家族。最高です!

もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。(1コリント 12:26-27

If one part suffers, every part suffers with it; if one part is honored, every part rejoices with it. Now you are the body of Christ, and each one of you is a part of it. (1 Corinthians 12:26-27)

3726685280

②職場でも忍耐の時期です。

私の所属している秘書室の体制が、年明けから大幅に変わることになりました。上司が変わり、それに伴って管轄も変わるんです。基本的な業務に変わりは無いとのことですが、そんなのわかんない。何しろいろんなことが大きくグルンと変わるんですから。入って間もない後輩を抱え、私の果たすべき責任が激増します。えらいこっちゃ。。。

「イエス様、なんで??」と、正直思いました。別に、今のタイミングじゃなくていいやん。別に、この方法じゃなくていいやん。なんで?なんで??・・・悶々とする私に、Tちゃんがメールをくれました。「大変やけど、イエス様と近づくチャンスやな!ローマ8:28やで!」 mimoちゃんもメールをくれました。「・・・ローマ8:28は真実!神様はにじちゃんの苦しみも痛みもよくわかってる。・・・」 そして、驚くべきことに今夜の木曜集会でも、(メッセージのイントロ部分で)ローマ8:28が語られました。イエス様が私にくれたみことば。ローマ8:28。これを握って歩みます。そう、これがイエス様のタイミング。これがイエス様の方法。

神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。(ローマ 8:28

we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose. (Romans 8:28)

|

« クリスマスの光 | トップページ | Aussie Christmas »

聖書のみことば」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの光 | トップページ | Aussie Christmas »