« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

信頼

信頼。勝ち取るものでも、奪い取るものでもない。毎日の、毎回の、いつもの積み重ね。それが、信頼を生む。人との関係、然り。イエス様との関係も、然り。

「キミは、ココに必要な存在だ。自信を持ってほしい。私はキミを信頼してる。」・・・今日、上司が私にこう言ってくれた。昨日のこと、心にかけて励ましてくれた。上司と私の信頼関係。

Heart_2 

イエス様、私はあなたとも深く強い関係を築いていたい。誰も介在することのない、確かな信頼を築いていたい。毎日の、毎回の、いつもの積み重ね。昨日も、今日も、積み重ね。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (0)

イエス様の真実

今日、会社で尋常じゃないくらいショックなことがありました。仕事中ずっと張り詰めていた糸が、帰宅した途端にプツン・・・。拭っても拭っても流れ続ける涙を、今も止めることが出来ずにいます。

「イエス様、何で???」

56206868_9ea35e3694

すがるように開いた聖書。みことばが目に飛び込んできました。

シオンの娘よ、喜び歌え。イスラエルよ、喜び呼ばわれ。エルサレムの娘よ、心のかぎり喜び楽しめ。主はあなたを訴える者を取り去り、あなたの敵を追い払われた。イスラエルの王なる主はあなたのうちにいます。あなたはもはや災を恐れることはない。その日、人々はエルサレムに向かって言う、「シオンよ、恐れるな。あなたの手を弱々しくたれるな。あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。「わたしはあなたから悩みを取り去る。あなたは恥を受けることはない。(ゼパニヤ 3:14-18

Sing, O Daughter of Zion; shout aloud, O Israel! Be glad and rejoice with all your heart, O Daughter of Jerusalem! The LORD has taken away your punishment, he has turned back your enemy. The LORD, the King of Israel, is with you; never again will you fear any harm. On that day they will say to Jerusalem, "Do not fear, O Zion; do not let your hands hang limp. The LORD your God is with you, he is mighty to save. He will take great delight in you, he will quiet you with his love, he will rejoice over you with singing." "The sorrows for the appointed feasts I will remove from you; they are a burden and a reproach to you. (Zephaniah 3:14-18)

515306146_18e56f5870

イエス様、みことばをありがとう。私はあなたが真実な方であることを信じます。あなたが与えてくださる勝利の約束は絶対であることを信じます。人が私を否定しても、あなたは常に私を肯定し、受け入れ、愛してくださっていることを信じます。どうか、あなたのその真実を私に見せてください。このみことばが真実であることを、私に見せてください。イエス様、お願い。苦しいです。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (6)

翼へ

つばくん、一日遅れたけどお誕生日(2/26)おめでとう。

元気にしてますか。ごはんはちゃんと食べてますか。お仕事は順調ですか。広島でも雪は降りましたか。京都は、連日の雪。とっても寒いです。

Birthday_cake_0805

つばくん、私はあなたのお姉ちゃんだけど、時にお母さんのような気持ちになったりしています。つばくんの誕生日には、特にそれが強くてね。今も、何だか言葉で説明しきれない不思議な感慨に耽っています。

私たちのお母さんが天国へ行ったあの時、私は高校一年生、つばくんは中学二年生。反抗期真っ盛りの私と、思春期真っ只中のつばくん。あの頃のことを一言で表現するなら、「必死」。お母さんを天国へ送った悲しみはモチロンすごく大きかったけど、同時にそれに浸っている余裕がないくらい必死の毎日。「女の子なんだから!」、「お姉ちゃんなんだから!」、「あなたがしっかりしないと!」・・・周りの多くの人たちが私を励ますつもりで言ってくれるそれらの言葉が、とても大きなプレッシャーとなって圧し掛かっていました。炊事、洗濯、掃除・・・。何がどうだったかなんて、正直ほとんど覚えてない。ただひたすら目の前のことを必死でこなす、そんな毎日だったように思います。

私が中学二年生のときにお母さんが発病、入院。同時に、私の見よう見まねの主婦業がスタート。それまでお手伝い程度でまともに料理なんてしたことのなかった私には、料理本片手に奮闘するもほぼ図画工作の世界()美味しいとか不味いとかの以前に、これ食べられるの?みたいなものを出したこともあったし、「何で私ばっかりせなあかんの!!」とブチ切れて、夕食が出汁巻きと味噌汁だけってときもあったよね。しかも、結構頻繁に()。そんなとき、同じマンションのおばちゃんや、教会のいろんな人たちが助けてくれて、ホントに嬉しかった。晩御飯のおかずに食べて!って持ってきてくださる差し入れ(よくYさんがおでんを鍋ごと持ってきてくれたねー)、お弁当に使って!とタッパーにキレイに小分けされたおかず(お母さんの信友H姉が大量の春巻きを持ってきてくれたねー)、すごく有難かった。その時は全然余裕がなくて「うわ~助かる!!!」くらいにしか感じてなかったけど(失礼な話だ、まったく。笑)、これってすごい優しさよね。めちゃ愛を感じるよね。イエス様が送ってくださった、実際的な助けと励まし。今更だけど、一つひとつを思い返して心が震えるほどの感動を覚えています。

そんな日々のことを断片的に思い出しては、心を痛めていることが2つ。お弁当のこと、そしてユニフォームのこと。

20061130_202418

言い訳のように何度も繰り返してるけど、毎日生きることに精いっぱいだった私。お母さんのいない寂しさを、お母さんの代わりをするプレッシャーを、私だけが大変!みたいに思って気負っていた私。作ることに意味がある!とばかりに、半ば投げやりで作っていたお弁当。おかずなんて、3パターンくらいをローテーションで回してたような気がする。食べ盛りのつばくんには、物足りないなんてものじゃないくらいシレッとしたものだったよね。周りのお友達は、お母さんの愛情たっぷりの彩り美しいお弁当を食べていただろうに・・・。そう思うと、何だかいまだに泣けてきます。私ばっかり大変だー!みたいに思って、やることなすこと全部がすごく横柄だったと思う。つばくんも寂しかったのにね、ごめんね。

Baseball_2

ユニフォームについても、そう。野球部だったつばくんは、毎日泥だらけのユニフォームを持って帰ってきてた。つばくんにとっては、大好きな野球をしている時間が一番の気分転換だったはず。でも、砂だらけ、泥だらけのユニフォームを家に持ち入れられるのが嫌で仕方なかった私は、つばくんの大切なユニフォームを随分邪険に扱ってた。スライディングとかで汚れたパンツとかソックスの泥は手もみ洗いしなきゃ絶対落ちないのに、そのままポイポイ洗濯機に放り込んでおしまい。汚れが落ちてなくても我関せず。はぁ、なんてひどい姉ちゃん。そのことに気づいたのは、つばくんが高校生のとき。(遅っ!)試合か何かの写真で、つばくんのユニフォームだけが汚れてるのを見たの。他のチームメイトは、特別なその日のために、真っ白に洗い上げられたユニフォームを着てるのに。そして、つばくんの背中には、私がその前夜にブツブツ文句を言いながらやっつけ仕事で縫い付けたゼッケン。ピシッとアイロンのかけられた他のチームメイトのそれとは、やっぱり全然違ってた。そのときに感じた胸の痛み、今も時々チクチクします。

甘えたかったときもあっただろうに、もっと手をかけてほしかったときもあっただろうに、私はそれに気づいてあげられなかった。気づこうともしなかった。確かに余裕はなかったけど、それにしたって・・・と我ながら情けない。ごめんね。

でもね、だからこそ、今こうして立派に社会人として働いてるつばくんを見て、ものすごく嬉しいの。私が何かしたとかしてないとか、出来たとか出来てないとか、そんなこととは関係なく、イエス様がちゃんと育んでくださっている。心の傷をも回復させてくださっている。そのことが嬉しくて嬉しくて、誕生日のたびに感謝が溢れます。

つばくん、イエス様との関係を大切にしてね。イエス様を知っている、これってものすごい財産なんだから。つばくんに与えられているその優しい心と愛される人柄が、イエス様との関係の中で磨かれ、強められるようにと祈っています。イエス様の命に熱く生きるクリスチャンとなってほしい。それが、私の願いです。

188543103_8723fda3ae_3 

主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。(イザヤ 40:31

those who hope in the LORD will renew their strength. They will soar on wings like eagles; they will run and not grow weary, they will walk and not be faint. (Isaiah 40:31)

お誕生日おめでとう!God bless You!!

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (9)

重荷をおろす

スペシャル賛美夕拝では、Tちゃんがメッセージを語ってくれました。

P2220044

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。(マタイ 11:28

Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest. (Matthew 11:28)

このみことばは、決してノンクリスチャン(イエス様とまだ出会っていない人)だけにではなく、イエス様を信じるクリスチャンにも語られたみことばです。イエス様は、「重荷を負っている者は、わたしのもとにきなさい」と言われています。では、その 重荷 とは何でしょうか。

重荷となり得るものの一つに、感情があります。プラスの感情(嬉しい、楽しいetc.)が働くとき、それは神様と人を喜ばせるものを生み出します。しかし、マイナスの感情(悲しい、苦しいetc.)が働くとき、それは神様と人を悲しませるだけでなく、自分自身をも苦しめる結果を招きます。そして、それらが重い荷物となって圧し掛かってくるようになるのです。

バッグにたとえてみると、いくつかの種類(サイズ)があります。

Make20up20bag20pooch

●ポーチ(いつでもどこにでも持って行ける、またそうするのに支障がない)

  日々の生活で感じる些細な不快感や苛立ち。イラッとしても、グッと堪えられる程度のもの。

Valentino_buffalo_bag

●手提げカバン(毎日ではないが、時々使用する)

  人に対して嫉妬したり、過去を振り返って思い悩む心。

  また、自分の中で解決を得ていない、決着できていない思い。

347126521_40710d6827

●ボストンバッグ(たまに使う)

  置かれた場所が、また目の前にある問題が嫌で、逃げ出そうとする心。

Luggageonl_hardshell_turq_2

●トランク(クローゼットの奥からわざわざ持ち出してくる、滅多に使用しない)

  普段は隠している心の傷、悲しみの記憶。それらによって、将来が妨げられてしまうほどの問題。

これらの荷物は、すべてイエス様の働きを妨げるものです。どのサイズの荷物も、私たちの重荷となってしまうのです。イエス様は、これらの重荷を持って来ておろしなさい、と言われています。大小を問わず、どのサイズの重荷についても、です。

イエス様のところへ持って行くのは、勇気の要ることです。たとえそれが重荷であったとしても、今まで持っていたものを手放すのには、やはり勇気が要るのです。また、持って行くということは、自分の重荷(マイナスの感情=悲しみ、苦しみetc.)を認めて差し出すということなので、それ(重荷)と向き合うことへの恐れもあるでしょう。でも、イエス様は、「重荷を持って来なさい、そしておろしなさい」と言われます。イエス様と私たちの間を妨げるもの(重荷)を取り除きたいと願っておられるのです。

あなたは重荷を持っていますか?もしそうなら、イエス様のところへ持って来ましょう。そして、イエス様のところで重荷をおろしましょう。大きいものも、小さいものも、全部です。イエス様は、あなたが重荷を負って苦しむ姿を、疲れ果てる姿を見たくないのです。全部おろして、イエス様に休ませていただきましょう。

P2220046

また、イエス様はこうも言われています。

わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(マタイ 11:30

For my yoke is easy and my burden is light. (Matthew 11:30)

軽い荷物とは何でしょうか。それは、御霊の実(愛・喜び・平和・寛容・慈愛・善意・忠実・柔和・自制)です。イエス様が私たちに与えてくださる荷物は負いやすく、また内側から湧き上がって人々に分け与えたくなるものです。

わたしは命じる、御霊によって歩きなさい。(ガラテヤ 5:16

So I say, live by the Spirit, (Galatians 5:16)

主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、主のめぐみの年を告げ知らせるのである。(ルカ 4:18-19

The Spirit of the Lord is on me, because he has anointed me to preach good news to the poor. He has sent me to proclaim freedom for the prisoners and recovery of sight for the blind, to release the oppressed, to proclaim the year of the Lord's favor. (Luke 4:18-19)

重荷をおろし、聖霊に満たされて歩みましょう!!!

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (4)

ぶれいくするー

昨日の日曜日も、本当に素晴らしい一日でした!!!

P2210022

朝は一面真っ白の雪だったけど、

P2210021

木が折れそうなくらい積もってたけど、

P2210020

教会学校のお友だちが鎌倉作ってしまうくらいすごい雪だったけど、

教会の中はあったかいheart04 愛が溢れてあったかいheart04

P2220023

朝の礼拝では、2月生まれの兄姉をお祝いするひとときを持ちました。

Pb040009

教会最高齢のM姉も2月生まれ。なんと、101歳のお誕生日を迎えられました!残念ながら昨日は雪で来られなかったんだけど、本当にお元気。いつもニコニコと穏やかな笑顔、とても前向きで建設的な発言、唐揚げとトンカツが大好き!という若々しさに、ものすごく励まされています。

P2220028

みなさん、おめでとうございます!新しい一年も、イエス様の祝福がいっぱいありますように!!

そして、そして・・・!夜は熱かったーーー!!!

昨日は、スペシャル賛美夕拝。ミルトス(青年会)と中高生が一緒に準備したこの賛美夕拝は、決起集会のような位置づけでした。みんな、ブレイクスルーしたかったんです。何となく・・・というマンネリから、熱くも冷たくもないという生ぬるいところから、羞恥心やプライドから、その他のいろんなものから、自由になりたかったんです。解放されたかったんです。

祈って、祈って、祈って、飢え渇いて、待ち望んで、期待して、そして当日。「イエス様だけを見上げて、他のものを全部忘れて、ただイエス様だけを見上げて、私たちの全部で賛美しましょう!」 hanaちゃんの熱い一言で始まったワーシップ♪椅子を取っ払って、思いや考えのいろいろも全部取っ払って、みんな踊りながら、ジャンプしながら(ジャンプしすぎで息切れしながら。笑)、賛美!さんび!!サンビ!!!

P2220040

その後、3人が証(イエス様が自分にしてくださった素晴らしい体験をシェアすること)をしてくれました。

P2220043

イエス様に出会って、愛されている喜びと生きる目的を見出した、Mちゃん。いろんな誘惑があって心を揺さぶられるときもあるけれど、イエス様とこの世の2つを追ってもどっちも得られない(二兎を追うものは一兎も得ず)、だから絶対に祝福すると約束してくださっているイエス様に従う!と語ってくれた、Kくん。心の内側に引きずっていた罪をイエス様の前に悔い改めたとき、「それでも、そのままのあなたを愛している」と言われ、イエス様の愛を頭ではなく体で感じることができたと話してくれた、Nちゃん。みんなの毎日に、イエス様が生きて働かれている証。人は変われる。イエス様が変えてくれる。喜びの人生に、目的のある人生に、最高に輝く人生に、イエス様は変えてくれる。ハレルヤ!

今日の私のシャウトしすぎで若干かすれ気味のハスキーボイス()は、イエス様への叫びの証。イエス様へのあいらぶゆーの証。イエス様と私の間には、何も置きたくない。どんなに薄い殻も、挟みたくない。ぶれいくするー。全部ぶれいくするー。

438014004_9c77a52d14_2

Tちゃんが語ってくれたメッセージも素晴らしかったので、明日アップします!!

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (4)

イエス様との出会い

私は、両親がクリスチャンの家庭(クリスチャンホーム)に生まれました。10歳のときに洗礼を受けました。そこに至るのに何の強要もなく、私の心からの願いがそうさせました。ただ、イエス様との本当の意味での出会いを体験したのは、実はもっと後になってからなのです。

イエス様との感動の出会いを体験したそのときのことを、文字にして残しています。私の心にもう一度刻み直すためにも、ずっと大切に聖書に挟んでいるそれをシェアしたいと思います。

ブログにアップしていいのか、正直少し迷いました。教会の先生や兄姉たち、私の受け持っている(また以前に受け持っていた)教会学校のお友だちが、このブログを読んでくれていることも知っています。でも、敢えてここでシェアしたいと思います。何だか、そうするように語られている気がするから。

Heavens_view

私は、クリスチャンホームに生まれました。聖書から「にじ子」と名づけられ、多くの祈りとみことばとによって育てられました。イエス様が神様である、そのことは私の中で疑いようのない事実でした。しかし、イエス様と自分がどういう関係であるかという以前に、教会の中で自分がどのように評価されているかということを考えていました。熱心な両親を見て、また周囲の声を聞いて、私もそうあらなければならないと思っていたからです。クリスチャンジュニアであることへのプレッシャーを感じながら、しかし、それに応えるのが私の役目だと思って過ごしてきました。

小学生時代の私は、いわゆる優等生でした。学校の成績もそれなりの評価を得るものでしたし、器用に真面目にコツコツ頑張るその優等生ぶりは、先生方の好意を集めました。そして、その状況に身を置くことに居心地の良さを見出した私は、あらゆるところで優等生であろうとしました。頑張って頑張って、その頑張りによって、優等生の座を固守しようと努めてきました。教会生活にもその色が出始めたのは、この頃であると思います。また、私の頑固さと高慢さも、この頃に形を生したのだと思います。

中高生時代には、友人関係、世間体、恋愛等、人並みの悩みを抱えました。そのどれもが、当時の私には理解し得ない苦しみでした。高校一年の秋に母親が天に召されたときも、その答えを何とか自分で見つけようとしました。頑張ることで解決しようとしました。悩みに負けることは、優等生であろうとする自分自身に負けることでもあると思っていたからです。

大学に入り、楽しい幸せな学生生活を送っていました。私の今はこれで良いのだと思っていました。今までも頑張って何とかなってきていたし、私が頑張ってどうにもならないことなんて無い、そう思っていました。高慢で頑なな固い心になっていました。そんな私は、あることをきっかけに全く打ちのめされることとなりました。そこには、裏切りと偽りとがありました。深く傷ついた私は、今まで何でも頑張れた、乗り越えてきたと自負する自分自身にも裏切られたような気持ちになりました。なぜ私がこんな目に、どうすれば良いのか、そう自問する日々が続きました。そんなときに、憐れみ深いイエス様はみことばをくださいました。

わたしはあなたを忘れない。(イザヤ 44:21

Getattachment_2

自分勝手に道を選び、形だけのクリスチャンを続けていた私を、イエス様は「忘れない」と言ってくださったのです。「わたしはあなたを忘れない、だからあなたもわたしを忘れるな」そう言ってくださっているように思いました。そのときに、私は初めて今までの自分を振り返ってみたのです。高慢でした。頑固でした。そして、何よりもイエス様に対して正しくありませんでした。私をクリスチャンホームに生まれさせ、考えられないほどの恵みと守りの中で生かしてくださっていたのにも関わらず、そのことに気づこうともしないで自分の意志と感情の赴くまま生きていた私は、到底クリスチャンなどと呼ばれるに相応しくない者でした。しかし、イエス様はなおも私を「忘れない」と言ってくださったのです。正しいと信じていた自分の、それこそが罪であることを示され、イエス様の中にこそ公正と真理があることを教えられました。

イエス様の御手の中で守られている今、何を頑張ることがあるのかと思うのです。ただ、イエス様の恵みと憐れみに感謝しつつ、すべてを委ねて歩めることに心からの幸せと平安を感じています。そして、あれだけ勝手な生き方をしてきた私を、十字架の贖いによって赦し、愛してくださっているイエス様に応えたいと願っています。

人よ、彼はさきによい事のなんであるかをあなたに告げられた。主のあなたに求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか。(ミカ 6:8

253116385_d490125400_3   

私の生きるすべてが、イエス様の前に喜ばれる、御心に適ったものでありますように。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (6)

生まれたときからずっと・・・

大好きなみことば。。。

あなたはわたしを生れさせ、母のふところにわたしを安らかに守られた方です。わたしは生れた時から、あなたにゆだねられました。母の胎を出てからこのかた、あなたはわたしの神でいらせられました。(詩篇 22:9-10

you brought me out of the womb; you made me trust in you even at my mother's breast. From birth I was cast upon you; from my mother's womb you have been my God. (Psalm 22:9-10)

473611645_75b774dfbc

私の人生は、神様の完全なプランの中にある。

| | コメント (0)

大興奮のサービスエリア

ペンテコシリーズ()、最終回です!

これまでのエントリーはこちら

 

●メッセージ

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8940.html

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8940_1.html

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_23ca.html

●セッション

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_f8eb.html

●ユース・セレブレーション

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_4935.html 

●感動×2

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_57df.html

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_cf69.html

●食べすぎのごはんたち()

http://kori-nizzy.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_d9cd.html

そして締めくくりの今回は、サービスエリアのフォトレポです!

何を隠そう(って別に隠してないけど。笑)、私はサービスエリアが大好き。なぜか無意味に興奮します!!京都⇔浜松の道中も何ヶ所か立ち寄り、その度にわくわくウロウロしてました。

P1270013

みかんのミカちゃん ←って名前らしい。()

P1300210

これね、養老にある練り物屋さん。すっごい美味しいの!!今回は、のまっきーお薦めのたこ棒をいただきました。旨いっ!

P1270004

このカレーパン、40cmくらいありました。。。

P1270006

このコロッケ、全力でパーしたくらいのデカさでした。。。

P1270005

このアメリカンドック、絶対丸かじりできなさそうな太さでした。てゆーか、800円って・・・高っ!

P1270009

なぜか、グリコの特設スペース。グリコだらけ。グリコ祭り。なぜ???

P1270012

緑茶味のアポロ。静岡だもの、ねー。

P1270011

こっちは、みかん味のアポロ。静岡だもの、ねー。

P1300206

うわわー!見て、見て!!!(←この日、一番の興奮。笑)

P1300207

抹茶小豆クレープ。なんて素敵な響き。・・・でもね、この中身ぜんぶイモ餡だったの。さすがにこの量のイモ餡(20cmくらいあったよ。なんで全部ジャンボサイズなんだ??)は食べられない・・・。

P1300208

と言うことで、こっちのよもぎだんごにしましたー!(←結局は食べるのだ(笑)。そして、これも結構大きかった!)お店のおじちゃんが鉄板でこんがり焼いてくれたので、熱々もちもちで美味しかった!

P1300202

浜名湖shine ピカピカのお天気で、最高に気持ちよかったーーー!

テンション上がりまくりの末・・・

P1300205

わーい!タイタニックーーー!(アホ・・・)

イエス様、素晴らしい4日間をありがとう!受けた恵み、忘れません!!!

わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。(詩篇 103:2

Praise the LORD, O my soul, and forget not all his benefits- (Psalm 103:2)

| | コメント (2)

仕える心

ペンテコ3日目の夜、キッズが特別賛美をしてくれました♪

P1290178

ノリノリの大音量の賛美に合わせて、

P1290183

手拍子したり、

P1290184

ジャンプしたり、

P1290186

元気いっぱい♪♪♪

小さな体から溢れ出るエネルギーを、賛美に変えてイエス様に捧げる・・・その姿に、ものすごく感動。可愛い~~~happy02heart04って言いながら、ポロポロ泣く私。()

キッズをリードしてくれていたのは、あるユースチーム。私は、彼らに対しても非常に感動しました。彼らは会期中のすべての礼拝の時間、キッズワーシップを担当してくれていたのです。彼らだって、私たちと同じ会場で一緒に賛美したかったと思う。メッセージを聞きたかったと思う。だって、せっかく来たんだから。せっかく「特別」を過ごすために来たんだから・・・。でも彼らは、時間もオモイも全部を捧げて仕え続けてくれました。

キッズルームの前には、キッズの生き生きとした写真がたくさん貼られていました。キッズワーシップの様子、大はしゃぎでゲームをしている様子、どれもこれも本当に楽しそうな笑顔で溢れていました。それは、ユースチームのメンバーが心から喜んで、全力で仕えていたからだと思います。キッズの笑顔は、その証。彼らの心をイエス様が喜ばれ、特別な祝福と労いが注がれたことと信じます!

神は不義なかたではないから、あなたがたの働きや、あなたがたがかつて聖徒に仕え、今もなお仕えて、御名のために示してくれた愛を、お忘れになることはない。(ヘブル 6:10

God is not unjust; he will not forget your work and the love you have shown him as you have helped his people and continue to help them. (Hebrews 6:10)

2008022000000186reuentview000

イエス様、この私をも彼らのように仕える者としてください。謙虚な、仕える心を与えてください。。。

| | コメント (3)

夢を成し遂げるために -あなたのパートナーは誰?

ペンテコで語られたメッセージで、もう一つシェアしたいのがこれ。

P1270061

●夢を成し遂げるための決意

あなたは心を強くし、勇んでこれを行いなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。主なる神、わたしの神があなたとともにおられるからである。主はあなたを離れず、あなたを捨てず、ついに主の宮の務のすべての工事をなし終えさせられるでしょう。(1歴代誌 28:20

Be strong and courageous, and do the work. Do not be afraid or discouraged, for the LORD God, my God, is with you. He will not fail you or forsake you until all the work for the service of the temple of the LORD is finished. (1 Chronicles 28:20)

① 強い手で夢をつかむ

  心を強くしなさい

② 力を受けて、積極的な行動に出る

  勇んで雄々しくありなさい

③ 安全地帯ではなく、信仰地帯に生きる

  これを行いなさい(事を成し遂げなさい)

④ 脅かしや疑いを拒否し続ける

  恐れてはならない

⑤ 自分を打ちのめすような態度に抵抗する

  おののいてはならない

⑥ パートナーが誰かを思い出す

  主なる神、わたしの神があなたとともにおられるから

⑦ 決して離れない神に頼る

  あなたを離れず、あなたを捨てず

⑧ 偉大さを目指し、それさえも超える

  すべての工事をなし終えさせられる(完成させてくださる)

P1270062

全部ぜんぶアーメンです!!!

でも、その中でも特に心に響いたのは、⑥パートナーが誰かを思い出す です。私たちのパートナーは全能の主イエス様。必要なときに、そのすべての必要を満たしてくださる。いつも共にいて、勝利を与えてくださる。私たちの考えも思いも及ばない何よりも大きなお方であるイエス様が、私たちのパートナー。その偉大な神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。(ローマ 8:31

そう、何も恐れることはない。ただ、主にあって心を強くし、信仰を持って勇ましく歩んでいけばいい。途中で妨げられるようなことが起こっても、おののくことはない。だって、パートナーはイエス様。私を離れず、見捨てず、ずっと一緒に歩んでくださる。そして、必ず事を完成させてくださる。ハレルヤ!

576601644_4624ecff50

イエス様、私のパートナーでいてくださってありがとう。最強にして最高のパートナーであるあなたと共に歩む道には、いつも勝利が約束されているから感謝です。ハレルヤ!!!

| | コメント (3)

自覚を持つ

ペンテコ3日目の夕方に持たれた、ユース・セレブレーション。

P1290119

Jesus Family(みどり野キリスト教会)のユースパスター西村希望先生と、ユースミニストリーチームがワーシップをリードしてくださいました。

P1290125

フラッグダンス!

P1290126

すっごい迫力でした!!

P1290132

めちゃカッコよかったー!!!

P1290157

そして・・・

P1290156

ジャンピングワーシップ♪♪♪

P1290159

みんなで、汗だくになって賛美しました!はれるやーーー!!

P1290160

『自覚を持つ』

自分が何者であるか、自分の果たすべき分は何か、自覚をしっかりと持とう!

① 存在価値は大きい

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ 43:4

Since you are precious and honored in my sight, and because I love you, (Isaiah 43:4)

② 主のものだ

十字架の命がけの贖いによって買い取られたのだから!

③ 世の光である

神様の栄光を現すために生きよう。この世においても成功しよう!この世に影響を与える者となろう!すべては神様の栄光を現すために。世の光となるために。

④ ユースへの責任

ユースのリバイバルは、ユースに責任がある。同世代の、そして次世代のリバイバル、それはユースの果たすべき責任。キリストを伝えるために、立ち上がろう!

38196055_62

イエス様、あなたが私に対して非常に大きな価値をおいてくださっていることを感謝します。私はあなたのものです。あなたの命がけの愛をこの世に輝かせるために、私を用いてください。

| | コメント (5)

働き人

ペンテコ2日目の夜、特別なときが持たれました。20年以上牧会を続けてきてくださった牧師先生たちが前に呼ばれ、先生方にイエス様からの労いと、更なる新しい油注ぎを祈るひとときが持たれたのです。

P1280097

P1280098

 

こんなにも大勢の先生方が涙と汗を流して働いてこられた、今の私たちがあるのはこれらの先生方の熱い必死の祈りと献身によるのだ、と感謝が溢れて(涙も溢れて)心が震えました。

366625934_7086c85274

祈った後、それ以外の会衆でスタンディングオーベーション!!そう、コンサートや野球の試合で、素晴らしい演奏やプレーを称賛してする、あれです!!

467909118_61230287d0

うおぉぉぉ!と歓声とも雄叫びともとれる大声と共に立ち上がり、その素晴らしい働きのゆえに感謝の拍手を贈りました。今までこんなふうに感謝を表したことがなかったし、受ける側の先生方もきっと同じように経験したことがなかったと思うんです。贈る側も、受ける側も、感涙・・・ものすごく素晴らしい光景でした。

Getattachment

そして20代以下の若者たちが前に呼ばれ、その先生方に直接感謝のハグをするひとときも持たれました。新しい油注ぎを受けた直後の先生方とのハグ。それは、私たちが先生方の受けた祝福をシェアしてもらうときであったようにも感じています。

P1280107

その後、35歳以下の新しくミニストリーを始める若い牧師、リーダーたちが前に呼ばれました。後になってドヤドヤと増えたので正確にはわかりませんが、呼ばれたことに対しての牧師(リーダー)というのは15名程だったように思います。

P1280113

収穫は多いが、働き人が少ない(マタイ 9:37)、みことばが心に刺さりました。牧師になることが全てではないし、みんなが牧師になる必要もない。でも、みんな「働き人」にはならなきゃ!!!そう思いました。

856313220_dfac00885e

与えられた場所で、与えられた働き(責任)を果たす。出来ることから少しずつ。でも、思い切って大胆に。イエス様、あなたからのチャレンジ、しっかり受け取ります!!!

| | コメント (2)

感動、励まし、そして前進!

ペンテコ2日目の午後、Jesus Lifehouseのロッド先生が持たれたセッションも素晴らしかったです!

P1280065

次世代を建て上げるために・・・

① 私たちの祈りを変える

否定的なことにフォーカスしないで、神様の光にフォーカスする。

② 私たちの宣言を変える、口から出る言葉を変える

そのとき、カレブはモーセの前で、民をしずめて言った、「わたしたちはすぐにのぼって、攻め取りましょう。わたしたちは必ず勝つことができます」。(民数記 13:30

Then Caleb silenced the people before Moses and said, "We should go up and take possession of the land, for we can certainly do it." (Numbers 13:30)

③ 教会の長所を認識する

教会に与えられている強さを伸ばす。もし建物があるなら、それは素晴らしい強さ。地域に開かれた教会となるために、地域のためにも用いていこう。

④ 一つ新しいことを加える

神様から与えられたアイデアは、実行しよう。一度にいろいろやろうとしないで、一つずつ、でも確かに新しいことを加えていくことが大切。

⑤ リーダーシップを整える

リーダーを育てていく。そして、下(次世代)に委ねていく。

⑥ 若者を愛する

⑦ 人々(特に新しい人々)と常に出会う

P1280064

ロッド先生は、今から約6年前に日本へ来られました。神様が、TSUNAMI(津波)の押し寄せる幻を通して、ロッド先生と奥様に日本へ行くようにと導いてくださったのです。そして今、とても素晴らしい神様の祝福に満ちた教会を建て上げられています。先生の、神様の導きに徹底して従う潔い信仰の姿勢と、日本を愛する熱いオモイを心に感じて、セッション中ずっと涙が止まりませんでした。

ペンテコ最終日、ロッド先生にどうしても言いたくて、走り寄って伝えました。「先生の熱いスピリットに感動しました。すごく励まされました。日本を愛してくれてありがとう。日本の若者を愛してくれてありがとう。植えられた場所(教会、地域)で、全力で励みます。ありがとう!」・・・話しながら、やっぱりダーダー泣いてしまった私。ロッド先生に、「よく泣くね~」と笑われました。きっと泣き虫だと思われているに違いない。() でも、神様がロッド先生を通して与えてくださった感動と励ましは、本当に大きかったです。今も心にしっかりあります。ぎゅっと握って、前進!!!

| | コメント (2)

天の窓

随分とタイミングがズレてしまっていますが、ペンテコでの恵みをシェアさせてください。

前にも書いたけど、本当にものすごく膨大な学びだったので、その中から特に心に響いたこと、またここでシェアしたいと願わされたことを中心に書いていきます。

デマジオ先生が語ってくださった中で一番心に深く響いたのが、「天の窓」そしてそこに用意されている「神様の祝福(備え)」についてのメッセージでした。

P1270042

わたしの宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いてあふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万軍の主は言われる。(マラキ 3:10

Bring the whole tithe into the storehouse, that there may be food in my house. Test me in this," says the LORD Almighty, "and see if I will not throw open the floodgates of heaven and pour out so much blessing that you will not have room enough for it. (Malachi 3:10)

神様は天の窓を開いて、ダムが破れて洪水になるように、満ち溢れて圧倒されるような祝福を私たち(教会)に注ぎたいと願っておられます。

●天とは・・・計り知れない神の住まい、神の御座、神の祝福に満ちた(蓄えられている)ところ。

●天の窓とは・・・開いたり閉じたりすることのできるもの。特別な場所(働き)のために与えられるもの。特定の場所へ入ったり、届いたりするためのもの。また、妨げられることのない無限の備えを注ぎだす手段。またその窓は、大きく、力強く、目的を持って開かれる。そして開かれることによって、突然、劇的に、目的としているところへ届きやすくなる。

●天の祝福(富、備え)とは・・・神様のもとに蓄えられ、備えられている、あらゆるカタチ(人、建物、アイデア、経済etc.)の富。そして、神様がそれぞれの教会のために持っておられる無制限の備え。教会に対する明確なビジョンの祝福、チームを作るためのすぐれた人材が与えられる祝福、新しい土地や建物が与えられる祝福、新しいアイデア、人々からの好意、さまざまな伝道の機会などが備えられる祝福のこと。

P1270046

教会が直面するすべてのチャレンジに立ち向かうための必要を満たすために、神様の備えが与えられている。豊かさの窓奇跡的備えの窓チャンスの窓が教会に対して開かれる。だから、私たちは目に見えること(現実)ではなく、目に見えることを願う(実現してほしいと願う)ことを見ることができる。

このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。(詩篇 1:3

He is like a tree planted by streams of water, which yields its fruit in season and whose leaf does not wither. Whatever he does prospers. (Psalm 1:3)

信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉で造られたのであり、したがって、見えるものは現れているものから出てきたのでないことを、悟るのである。(ヘブル 11:3

By faith we understand that the universe was formed at God's command, so that what is seen was not made out of what was visible. (Hebrews 11)

だから、機会のあるごとに、だれに対しても、とくに信仰の仲間に対して、善を行おうではないか。(ガラテヤ 6:10

Therefore, as we have opportunity, let us do good to all people, especially to those who belong to the family of believers. (Galatians 6:10)

教会を聖霊の命と力とで満たすために、神様の臨在を与えてくださる。

時に彼は夢をみた。一つのはしごが地の上に立っていて、その頂は天に達し、神の使たちがそれを上り下りしているのを見た。・・・そして彼は恐れて言った、「これはなんという恐るべき所だろう。これは神の家である。これは天の門だ」。(創世記 28:12,17

He had a dream in which he saw a stairway resting on the earth, with its top reaching to heaven, and the angels of God were ascending and descending on it. ・・・He was afraid and said, "How awesome is this place! This is none other than the house of God; this is the gate of heaven." (Genesis 28:12,17)

すべてのことは教会の使命を果たすために働いているということを見るために、神様の働きを見させてくださる。すべてが益となることを示してくださる。

神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。(ローマ 8:28

And we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose. (Romans 8:28)

教会のビジョンを果たすために、預言的に、現在(目に見える問題)を越えて、先を見させてくださる。

わたしの建てる家は大きな家です。われらの神はすべての神よりも大いなる神だからです。(2歴代誌 2:5

The temple I am going to build will be great, because our God is greater than all other gods. (2 Chronicles 2:5)

神様からの好意が教会に成長をもたらすことを見るため、力強い御手(好意、神様の中にある良いものをもたらす素晴らしさ、より大きい影響力へと私たちを引き上げる)をもって私たちに成長を体験させてくださる。

主よ、あなたは正しい者を祝福し、盾をもってするように、恵みをもってこれをおおい守られます。(詩篇 5:12

For surely, O LORD, you bless the righteous; you surround them with your favor as with a shield. (Psalm 5:12)

Heavens_view 

 

神様が私たちに対して用意してくださっている祝福が、いかに素晴らしいものであるか。私たちの思いも考えも経験も遥かに超えた、とてつもなく大きな祝福なんだ!ということを、改めて知ることができて感動でした。同時に、神様の祝福というものを何だかとても小さなモノのように捉えていたことを、心から悔い改めました。天の祝福が、私の人生に、私の携わる働きに、私の住む地域に、私の国に、洪水のように注がれることを願います!天の窓が、私の愛する京都に、日本に、大きく開かれることを信じます!!

| | コメント (0)

オープンハウス

今日は、新しくお家を購入したU家のオープンハウスでした。

『オープンハウス』 単に家をみんなにお披露目するというだけではなく、その家にイエス様の祝福と守りがあるように、またその地域で良き働きができるように、と祈りとみことばによってスタートする、とても大切で祝福に満ちたひとときなのです。

1516272237_a18e91bc60

小平先生が、みことばをシェアしてくださいました。

散らされて行った人たちは、御言を宣べ伝えながら、めぐり歩いた。ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べはじめた。群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、こぞって彼の語ることに耳を傾けた。汚れた霊につかれた多くの人々からは、その霊が大声でわめきながら出て行くし、また、多くの中風をわずらっている者や、足のきかない者がいやされたからである。それで、この町では人々が、大変なよろこびかたであった。(使徒 8:4-8

Those who had been scattered preached the word wherever they went. Philip went down to a city in Samaria and proclaimed the Christ there. When the crowds heard Philip and saw the miraculous signs he did, they all paid close attention to what he said. With shrieks, evil spirits came out of many, and many paralytics and cripples were healed. So there was great joy in that city. (Acts 8:4-8)

神様が遣わされたこの地で、ピリポのようにキリストを伝える家庭となりますように。この家が、神様の栄光のために用いられますように。

16795250_2

その後、わいわい楽しい交わりの時間を持ちました。(私たちのテーブルは、なぜかずっと爆笑。幼少時代のぶっ飛び話、最近のおバカ話、・・・笑いのネタは尽きませんでした。笑いすぎてお腹痛かった!笑)

P2090007

テーブルを4つも出して、その全部に乗りきらないほどのご馳走!

P2090003

P2090004

P2090001

P2090002

美味しかったーーー!ご馳走さまでした!!!

P2090008

これは、H姉がお祝いに!と差し上げられた額縁。ヨーロッパの刺繍だそうです。キレイ♪

彼らは主の家に植えられ、われらの神の大庭に栄えます。(詩篇 92:13

planted in the house of the LORD, they will flourish in the courts of our God. (Psalm 92:13)

39489113_145

Uくん、Sちゃん、今日はお招きありがとう!そして、オープンハウス本当におめでとう!ますますイエス様の祝福がいっぱいの素晴らしいクリスチャンホームを築いてください♪(私も後に続くぞーーー!笑)

主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。(詩篇 127:1

Unless the LORD builds the house, its builders labor in vain. Unless the LORD watches over the city, the watchmen stand guard in vain. (Psalm 127:1)

| | コメント (0)

おもちかじりむし

今日は、教会学校のお友達と一緒に「おもちかじりむし」な一日でしたー!え?何それって??みんなで楽しくお餅を食べよう!と言うことで、「お○りかじり虫♪」をもじって「おもちかじりむし」です。()

P2070156

雪が降って、積もって、・・・なお天気でしたが、25名のお友達(+おうちの方も)が来てくれました。みんな来てくれてありがとう!!

P2070067

受付嬢の、めぐちゃん&Nちゃん。

P2070076

ネームタグにお名前書いてねー。上手に書けたかな??

P2070080

P2070068

じゅんじゅんが賛美のリード。Rちゃんがシンセを弾いてくれました。

P2070084

ガバッと伏せたり、

P2070083

走ったり、元気いっぱいに賛美したよ♪

P2070096

次は、ゲーム!おもち列車!!

P2070097

貨物列車♪のメロディーに合わせて・・・

P2070100

おもーち列車、もち・もち・もち 急ーげ、急げ、もち・もち・もち

今度の駅で、もち・もち・もち 積もうよ荷物、ぺったん♪

P2070104

続いて、爆弾ゲーム!

P2070105

ブーーーって合図が鳴ったときに、爆弾を持ってる人&その両隣の人がアウト。いつ鳴るかわからない合図にドキドキしながら、みんな必死で爆弾を回してます。。。

P2070109

最初にアウトになったのは、Kくん。おもちかじりむしに変身して、罰ゲームをします。(両隣の人と、スキップしてました。可愛かったよ。)

P2070111

あら、Sちゃんもおもちかじりむしに変身!

P2070116

いぶちんは、なぜか妙に似合ってます。違和感なし。()

P2070123

元気に遊んだ後は、のまっきー先生から聖書のお話を聞きました。

P2070079

神様は、みんなのことを心から愛してくださっているんだよ。もしみんながそのことを知らなくても、神様が一人ひとりを愛してくださっている、そのことに変わりはないんだ。神様を心に受け入れたら、その神様の愛がどんなに大きいかを体験することができる。きみは、神様に愛されている。そのことを覚えておいてね!

さぁ、みんなお待ちかねのおもちタイム!

P2070094

お餅つくり隊M姉、ありがとう!

P2070095

おぉぉ!美味しそうなお餅だー!

P2070059

お餅まるめ隊の、D&めぐちゃん&Nちゃん。

P2070065

こちらも、お餅まるめ隊Iくん、カメラ目線ありがとう!()

P2070130

お餅やき隊、のまっきー&めぐちゃん。

P2070131

いい色に焼きあがってるね~

P2070127

おぜんざいに行列!

P2070142

他にも、砂糖醤油、きな粉、海苔などで美味しくいただきました。

P2070144

あ、珍味として、K先生お薦めのオレンジマーマレード。じゅんじゅん、恐る恐る・・・ぱくっ。私も試してみたよ。悪くはないけど・・・って感じでした。()

P2070132

あ、「お○りかじり虫」を発見!お餅かじりに来たのかなぁ。()

P2070133

とっても楽しい&美味しいひとときでした。

P2070143

ご馳走さまでした!!!

| | コメント (2)

とりなしの祈り

まとめるための時間、いくらあっても足りないことに気づきました。チマチマこじんまりまとめてしまうよりも、感動を伝えることの方が大切だ!!!・・・と言うことに、今更ながら気づきました。(アホ・・・)

と言うことで、少しずつペンテコでの感動をシェアしていきます!!!

初日の夜、実はちょっとしたハプニングがありました。なんと、大会メインスピーカーのフランク・デマジオ先生の到着が遅れていたのです(飛行機のトラブルで出発が一日遅れてしまったらしい)。でもね、イエス様はそんな状況をも用いて、祝福をくださいました。到着されるまでの時間、スペシャルスピーカー(ごめんなさい・・・お名前を忘れてしまいました・・・)がメッセージを語ってくださいました。

P1270035

『とりなしの祈り』

この先生は、20064月に大阪でも行われた祈りの祭典の働きをされています。実は、この大阪で行われた祈りの祭典で、私は聖歌隊として特別賛美のご奉仕をさせてもらっていたのです。その名の通り、祈りで満ち溢れた素晴らしい大会でのご奉仕。イエス様を深く強く感じることのできる、それはもう本当に素晴らしいひとときでした。・・・と、話がそれてしまいました。すみません、元へ戻します。祈りの祭典とはいったい何ぞや?確か、その大阪の大会でもどなたかがご説明くださったのですが、正直あまりピンときませんでした。何だか少し難しい表現がされていて、私にはよく理解できなかったんです(単なる私の理解不足です)。でも今回、ものすごくシンプルなメッセージを届けてくださって、心にストンと入りました。シンプル、かつ大胆。それは・・・世界のリーダーたちのために祈る!!!です。

世界のリーダーたち。それは、政治家であったり、大統領であったり、国王であったり様々ですが、国単位・世界単位で影響力のある指導者たちのことを指します。彼らは、世界規模での発言力を持っています。そして彼らが決めることが、世界の基準・ルールとなっていきます。

想像してみてください。もしそのリーダーたちが、神様からの知恵によって物事を決めることができたらどうでしょう。神様の正しさに立って世界をリードすることができたらどうでしょう。この世界に、それぞれの国に、それぞれの都市に、それぞれの地域に、神様の素晴らしさが広がっていくんです!!!

祈りの祭典は、世界規模の重要な会議(G8など)の開催される地域のそばで、その会期中リーダーたちのためにとりなして祈る!というミニストリー。具体的にこの世界に影響を与えているリーダーたちのために祈る。彼らの心が変えられるように。サタン(悪魔)の影響ではなく、それを遥かに越えて偉大な神様の力と権威によって世界をリードしていくことができるように。そして、その正義と公正が平和を生み出し、世界に広がっていくように。

教会には、その権威が与えられている!と語られました。私たちのとりなしの祈りが、世界を変える!なんてシンプルで、そしてなんて大胆な祈りだろう。私たち自身も、祈りによって天からの祝福を引き出し、この世界に素晴らしい影響を与えるクリスチャンとならせていただこう!

また主はこの山で、すべての民のかぶっている顔おおいと、すべての国のおおっているおおい物とを破られる。主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。(イザヤ 25:7-8

On this mountain he will destroy the shroud that enfolds all peoples, the sheet that covers all nations; he will swallow up death forever. The Sovereign LORD will wipe away the tears from all faces; he will remove the disgrace of his people from all the earth. The LORD has spoken. (Isaiah 25:7-8)

193922475_09b6e9ded9

信じて祈る。大胆に祈る。そこに神様が働かれる。そして世界が動く。変わる。ハレルヤ!!

| | コメント (0)

ペンテコから帰ってきました!

行ってきました、ペンテコ素晴らしかった・・・ホントに素晴らしかった・・・!!!

膨大な学びゆえ、まだ整理中です。(頭パンクしそうーーー!><) シェアしたいことがたくさんあるので、まとめるための時間を少しだけください。

今日は、宿泊先のホテル「エンパイア」での快適な食生活()+αをお楽しみください♪

先ずは、お部屋を紹介します。

P1270014

ベッド(かなり快適でしたー!)

P1270018

寛ぎスペース(と言うか、もっぱらお菓子食べる&喋る場所でした。)

P1270025

シャロンの他にも、数名が遊びに来てました。溜まり場???()

P1270015

奥には、和室もありました。

P1270058

浜名湖がどーんと見えて、眺めもよかったーーー!

 

そしてそして、お次はお食事~~~♪

P1270028

1/29(火)夕食 会席料理でした。お刺身、天ぷら、うなぎ蒲焼、茶碗蒸し、うどん鍋、野菜の炊き合わせ、もずく酢、味噌汁、漬物、抹茶ムース。ビッグディナーでございます。えぇ、もちろん完食いたしました!()

P1270027

こんなふうに、大広間でいただきました。何だか、「宴会」って感じだね~♪

P1270052

1/30(水)朝食 朝食はビュッフェです。パン(3種)、野菜サラダ、目玉焼き、ベーコン、ヨーグルト、オレンジジュース、パイナップル。私は、ここのフレンチトーストが大好き!ハチミツをかけていただきました。朝からガッツリ、元気モリモリの源です。

P1280075

1/30(水)昼食 大広間でお弁当をいただきました。「あんまりお腹空いてない~」なんて言いながら、しっかり完食。()

P1280078

1/30(水)夕食 この日だけ特別にビュッフェスタイル。好きなものを好きなだけ・・・私には危険なルールです・・・。ご覧の通り、てんこ盛り。お刺身(3種)、きな粉入りミートソースのパスタ、えびシュウマイ、えびイモの煮物、ごぼうの煮しめ、野菜サラダ、ビーフシチュー、揚げたて天ぷら(3種)、抹茶団子。あぁぁ・・・どう考えても食べすぎです。実は、ここには載ってないけど、アイスも食べました。あぁぁぁぁ・・・やっぱりどう考えても食べすぎです。でもね、美味しかったーーー!()

P1280103

1/31(木)朝食 前夜に食べすぎたので胃を労わろうと、お粥にしました。お粥のお供に梅ザーサイ・塩昆布・ちりめんジャコ、切り干し大根、厚焼き玉子、おでん(3種)、笹かまぼこ、桜海老と豆の煮物、きんぴらごぼう、筑前煮、パイナップル、オレンジ。・・・胃を労わる気、ある??ガッツリ食べてるよねー。()

P1290117

1/31(木)昼食 大広間でいただきました。カレーライス(甘口、辛口)かハヤシライスを選べました。私はハヤシライス、そして野菜サラダ。おばちゃんが手渡してくれたライスが、お皿からこぼれそうなくらい大盛りでした。が、しっかり完食。どうなってんだ、私の胃袋。気持ちと一緒に、テンション上がりまくりなのか???

P1290171

1/31(木)夕食 お刺身(3種)、うなぎの柳川風煮込み、かにグラタン、野菜の炊き合わせ、イカの酢味噌和え、鶏の唐揚げ、海老しんじょう、味噌汁、漬物、メロン。この日も盛りだくさんでした。

P1290192

2/1(金)朝食 最後の食事。ベーコン、ウィンナー、スクランブルエッグ、野菜サラダ、パン(2種)、パイナップル、オレンジ。毎日フルーツをいただけて、とっても嬉しかったーーー!パイナップル最高♪♪

恵まれた食生活。毎食、毎食、モリモリいただきました。お陰さまでカロリーにも非常に恵まれたようで、帰宅して体重計に乗ってあわわ~~~ってなってます。今月は節制します。。。

イエス様、この数日間、素晴らしい食事をありがとう。蓄えたエネルギー、しっかり燃やして励みます!!!

| | コメント (6)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »