« ペンテコから帰ってきました! | トップページ | おもちかじりむし »

とりなしの祈り

まとめるための時間、いくらあっても足りないことに気づきました。チマチマこじんまりまとめてしまうよりも、感動を伝えることの方が大切だ!!!・・・と言うことに、今更ながら気づきました。(アホ・・・)

と言うことで、少しずつペンテコでの感動をシェアしていきます!!!

初日の夜、実はちょっとしたハプニングがありました。なんと、大会メインスピーカーのフランク・デマジオ先生の到着が遅れていたのです(飛行機のトラブルで出発が一日遅れてしまったらしい)。でもね、イエス様はそんな状況をも用いて、祝福をくださいました。到着されるまでの時間、スペシャルスピーカー(ごめんなさい・・・お名前を忘れてしまいました・・・)がメッセージを語ってくださいました。

P1270035

『とりなしの祈り』

この先生は、20064月に大阪でも行われた祈りの祭典の働きをされています。実は、この大阪で行われた祈りの祭典で、私は聖歌隊として特別賛美のご奉仕をさせてもらっていたのです。その名の通り、祈りで満ち溢れた素晴らしい大会でのご奉仕。イエス様を深く強く感じることのできる、それはもう本当に素晴らしいひとときでした。・・・と、話がそれてしまいました。すみません、元へ戻します。祈りの祭典とはいったい何ぞや?確か、その大阪の大会でもどなたかがご説明くださったのですが、正直あまりピンときませんでした。何だか少し難しい表現がされていて、私にはよく理解できなかったんです(単なる私の理解不足です)。でも今回、ものすごくシンプルなメッセージを届けてくださって、心にストンと入りました。シンプル、かつ大胆。それは・・・世界のリーダーたちのために祈る!!!です。

世界のリーダーたち。それは、政治家であったり、大統領であったり、国王であったり様々ですが、国単位・世界単位で影響力のある指導者たちのことを指します。彼らは、世界規模での発言力を持っています。そして彼らが決めることが、世界の基準・ルールとなっていきます。

想像してみてください。もしそのリーダーたちが、神様からの知恵によって物事を決めることができたらどうでしょう。神様の正しさに立って世界をリードすることができたらどうでしょう。この世界に、それぞれの国に、それぞれの都市に、それぞれの地域に、神様の素晴らしさが広がっていくんです!!!

祈りの祭典は、世界規模の重要な会議(G8など)の開催される地域のそばで、その会期中リーダーたちのためにとりなして祈る!というミニストリー。具体的にこの世界に影響を与えているリーダーたちのために祈る。彼らの心が変えられるように。サタン(悪魔)の影響ではなく、それを遥かに越えて偉大な神様の力と権威によって世界をリードしていくことができるように。そして、その正義と公正が平和を生み出し、世界に広がっていくように。

教会には、その権威が与えられている!と語られました。私たちのとりなしの祈りが、世界を変える!なんてシンプルで、そしてなんて大胆な祈りだろう。私たち自身も、祈りによって天からの祝福を引き出し、この世界に素晴らしい影響を与えるクリスチャンとならせていただこう!

また主はこの山で、すべての民のかぶっている顔おおいと、すべての国のおおっているおおい物とを破られる。主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。(イザヤ 25:7-8

On this mountain he will destroy the shroud that enfolds all peoples, the sheet that covers all nations; he will swallow up death forever. The Sovereign LORD will wipe away the tears from all faces; he will remove the disgrace of his people from all the earth. The LORD has spoken. (Isaiah 25:7-8)

193922475_09b6e9ded9

信じて祈る。大胆に祈る。そこに神様が働かれる。そして世界が動く。変わる。ハレルヤ!!

|

« ペンテコから帰ってきました! | トップページ | おもちかじりむし »

メッセージ」カテゴリの記事

ペンテコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペンテコから帰ってきました! | トップページ | おもちかじりむし »