« 東京さ行ってきただ! | トップページ | 明日のカンタータ、来てね♪ »

生きた証

今朝、出勤して耳にしたニュース。S先生、亡くならはったらしいで!」 職場の一員であるS先生(ドクター)が、昨夜急逝されたとのこと。あまりに突然のことで、事態を飲み込めない私。

え・・・だって一昨日も普通に仕事してたのに・・・。

廊下で会って、お疲れさまです!って挨拶してたのに・・・。

事務部長が私に電話をかけてきた。S先生のお葬式な、教会でするねんて。

全然知らなかったけれど、S先生はクリスチャンだったらしい。そんなことを話すチャンスもなく、「こんにちは」とか「お疲れさまです」とか挨拶程度のやり取りがほとんど。そうか、クリスチャンだったのか、知らなかったな、いろんな話したかったな。そんなことを考えながら、いろいろと思い返していて気づいた。そうだ、いつも彼に会うたびに感じていた何か。あれは、イエス様から来るものだったんだ。彼の持つ穏やかな雰囲気。優しい目。物腰の柔らかさ。丁寧な応対。この人、どうしてこんなに穏やかなんだろう。何度もそう思っていた、その答えがイエス様だったんだ。

前夜式(いわゆる通夜)での受付をさせていただいた。教会での式だからクリスチャンの私がいた方がお互いにやりやすいだろう、と会社代表でお手伝いに行くよう事務部長からの指示を受けて。

受付準備中に、S先生のお母様がいらした。気丈に振舞いながらも、深い悲しみがこぼれているのを感じた。思わず口をついて出た言葉。「先生には、同じ職場でお世話になりました。実は、私もクリスチャンなんです。先生とはそういったお話をするチャンスがなかったのですが・・・陰ながらお祈りしています・・・。」

式の中で、牧師先生が語られたメッセージ。

町の門に近づかれると、ちょうど、あるやもめにとってひとりむすこであった者が死んだので、葬りに出すところであった。大ぜいの町の人たちが、その母につきそっていた。主はこの婦人を見て深い同情を寄せられ、「泣かないでいなさい」と言われた。(ルカ 7:12-13

As he approached the town gate, a dead person was being carried out—the only son of his mother, and she was a widow. And a large crowd from the town was with her. When the Lord saw her, his heart went out to her and he said, "Don't cry." (Luke 7:12-13)

「泣かないでいなさい」 イエス様は、私たちにも同じように言ってくださっています。死に打ち勝ち、よみがえったイエス様が、私たちにも語ってくださっているのです。「泣かないでいなさい」 私たちに天国の希望が約束されているゆえです。

Futaba

最後に見せていただいたS先生の顔は、とっても優しい顔だった。いつもの穏やかな顔だった。これを、平安な顔というんだろう。本当に眠っているような、どこか微笑んでさえいるような、そんな顔。

職場からも多くのスタッフが来ていた。声を上げて泣いている人もいた。肩を震わせて、嗚咽している人もいた。

それを見たお母様が、こうおっしゃっていた。「こんなに大切に思っていただけて、あの子は幸せですね・・・ありがとう・・・」

なんと素晴らしい証だろうか。特に派手な業績を上げていらしたわけでもない。どちらかと言うと、慎ましく表には出ないで静かに過ごしてこられたように感じている。それでも、こんなに多くの人の心を捉えて離さないものは何か。それは、私が感じていたのと同じものを、他の人も感じていたからに他ならない。彼を包んでいたイエス様の穏やかさ。彼の内側にあるイエス様の優しさ。彼が生きることで、彼を通して流れていたイエス様の香り。

スタッフの一人が泣きながら言っていた。「クリスチャンの人にとっては、(死ぬことは)悲しいことではないんですか?」

もちろん、地上で目にすることができなくなる、手で触れることができなくなる、それは悲しい。とても悲しいし、寂しい。

でも、イエス様は天国を約束してくれている。天国での永遠の命を約束してくれている。だから、死は終わりではない。

Heavens_view 

S先生の立てた証。蒔いた種。イエス様が豊かに実を結ばせてくださいますように。。。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

|

« 東京さ行ってきただ! | トップページ | 明日のカンタータ、来てね♪ »

クリスチャン」カテゴリの記事

コメント

私たちゎどんな壁にブチあたっても
その先にゎ天国と言う「希望」があるコトって感謝だし
コレゎクリスチャンの特権ですねぇ★
デモノンクリの人にゎその希望ゎなくて
いつも「この先どうなるんだろぉー」って言う不安が
いっぱいなんですよねぇ↓↓
ダカラヤッパリ大胆に神様伝えていきたいですネェ♪

投稿: みか | 2008/03/22 09:42

泣かないでいなさい。
でも、人間だから泣けてしまいますね。
人の死は特に悲しいことです。

ご家族の方が主を受け入れて永遠の命を
得られることを信じることができたなら、
この「泣かないでいなさい」の本当の意味が
わかるでしょう。

突然死は涙も出ないほどショックです。
神が慰めを与えられるように祈ります。
生前のふるまいが神の恵みをあらわしていた
ことが、やがてひとりでも神に近づくきっかけと
なるように、祈ります。何かうまく表現できませんね。
すみません。

投稿: 大隅のただ | 2008/03/22 20:13

>みかちゃん

コメントありがとう。
そうだね、天国の希望はすごく大きいね。
そのgood newsを知らせるのが私たちの役目。
種蒔き、続けていこうね!!!


>大隅のたださん

S先生のお母さまはクリスチャンでした。
良かった・・・心底そう思いました。
イエス様にある希望は、何にも代えがたいですから。

私たちに神様の時はわかりません。
いつ召されてもいいように備えておかなきゃ!!
口で言うのは簡単ですが、なかなか・・・です

どのように生きたか、どのように歩んだか。
良い証を立てられる者でありたいと願います!

投稿: nizzy+ | 2008/03/25 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京さ行ってきただ! | トップページ | 明日のカンタータ、来てね♪ »