« ピカピカの一年生 | トップページ | 境地を広げる -成長のための変化- »

異動の経緯 -手放す準備-

今日も新しいことを山盛り学びました。久しぶりに頭がプスプス言ってます。(笑) でも、この頭フル回転な感じ、何とも堪らない!めちゃ充実してる!!新しいことを学ぶって、楽しいねー!!!

90853145_54c93a4fb7

ではでは、続きです

●その1*プライド

「秘書」を手放す。その覚悟をしなければ!と思い始めてからの数日間、ものすごく苦しみました。自分でもビックリするくらい、ホントに苦しみました。辞めたくない!秘書を続けたい!だって大好きなんだもん!すごい大事なんだもん!めちゃめちゃプライド持ってやってるんだもん!!・・・でも、もがきながら気づきました。私は「秘書」という仕事ではなく、「秘書である」という自分のプライドに拘っているんだってことに。これまで歩んできた道のり、重ねてきた信頼、認められてきた実績。それらを通して得た、私の「秘書としての価値」にしがみ付いてるんだ。秘書である私に対する人からの評価、自分自身のプライド、それに拘ってしまってるんだ。だからこんなに苦しいんだ。って。

●その2*祈りを変える

知らないうちに握り締めてしまっていたプライド、それを手放すことへの恐れ、それらから解放されたくて祈りを変えました。それまでの「秘書を続けたいよー!取り上げないでよー!!」という泣き言的な祈りから、「どんな答えを出されても、喜んで受け取れるようにしてください!」という委ねる祈りへ。決して投げやりになったわけじゃない。ものすごく大きな決意が要ったこと。でも、祈っていくうちにオモイが変えられていきました。「この道の先には、何があるんだろう。イエス様が私に見せようとしておられる祝福って、いったいどんなだろう。見たい!イエス様が用意しておられるどでかい祝福を見てみたい!!」心からそう思えるようになったんです。

●その3*拘るポイント

「秘書、秘書って言うけど、おまえは一生そこで秘書やるつもりか?仕事なんてもんはな、変わるもんや。そんなもん、ムキになって拘るとこちゃうやろ。元気に働ける、それだけで感謝なことやないか。」・・・お父さんから言われました。おばあちゃんの交通事故直後、救急病院の待合室で話していただけに、ものすごく心に重く響きました。働ける場所が与えられている。働ける健康が与えられている。働ける状況が与えられている。それだけで感謝なこと。ホンマや。さすが、お父さん。長く生きている人の言葉は、重みが違います。。。

●その4*みことばに立つ

怒涛の変動期に、ずっと握っていたみことば。

わたしはあなたから悩みを取り去る。あなたは恥を受けることはない。(ゼパニヤ 3:18

The sorrows for the appointed feasts I will remove from you; they are a burden and a reproach to you. (Zephaniah 3:18)

神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。(ローマ 8:28

we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose. (Romans 8:28)

イエス様がくれたみことばだもん、絶対この通りになる!そう固く信じて握り続けました。そして、それは現実のものとなりました!!!

明日へ続く~~~

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

|

« ピカピカの一年生 | トップページ | 境地を広げる -成長のための変化- »

」カテゴリの記事

コメント

アーメン!ハレルヤ!
nizzyちゃんの嬉しさ、期待が伝わってきました~。
ホント、手放す前は「いや~!」って握りしめて離したくないんだよね。でも手放す時は、今までのは何やったんや??ってくらい離すことができる。神さまは無理やりじゃない、紳士な方。楽しみだね~♪

投稿: えりんぎ | 2008/04/09 08:10

う~~~続きが読みたい~~!!
やっぱり、こうやって主のしてくださったこと、主と自分との関係を記事に残すっていいね。記念碑のよう。

主はすばらしい~~nizzy+ちゃんを苦しみの中でもしっかり導いてくださっていたんだね。そして主を求め続けたnizzy+ちゃんも素敵だね。励まされます。
わくわくです^^!

投稿: ruri | 2008/04/09 22:08

はじめまして。
日記のタイトルに惹かれてきました。
私もこの異動の季節、まったく同じ体験をしました。
そうなんです。「プライド」。

投稿: KIKI | 2008/04/09 22:45

change upすることでしょうか。よう説明できない
けれど、単にchangeでなく、意味をもって変化すること。
nizzy+さんはすでに答えを出しているのでわかって
おられると思います。

投稿: 大隅のただ | 2008/04/10 10:10

>えりんぎさん
手放すことがこんなに難しいことだとは思わなかったです・・・。
でも、イエス様は真実なお方。そして、紳士なお方。
これからが楽しみです!!!

>ruriさん
書いて残す。すごくいいですよー!
文字にすることで、イエス様のしてくださった素晴らしいことを
しっかり詳しく思い起こせて感謝の気持ちが倍増でした。
どんなときもベストに導いてくださるイエス様に感謝!!
続きもアップしてるので見てくださーい♪

>KIKIさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
同じ経験をされたとか。この春ですか!?
プライド、ホント困り者ですよねー。
でも、誇る者は主を誇れ(1コリント 1:31)ですね。

>大隅のたださん
change upですか、なるほど。
どんなときも、前に前に!上に上に!!ですね。
与えられたステージで、前にも上にも進み行く者でありたいです。

投稿: nizzy+ | 2008/04/13 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピカピカの一年生 | トップページ | 境地を広げる -成長のための変化- »