« じゅーしー!!! | トップページ | 繋がってきたぞー! »

Beersheba

今、木曜集会では(小平先生がメッセージのときは)、ヨセフのストーリーを学んでます。数ヶ月前から続いてるんだけど、毎回わくわくです。神様のプランの壮大さと細やかさの何とも言えない絶妙な感じ。たまんない!!!

今日は、エジプトの内閣総理大臣になったヨセフがお父さんのヤコブ(後にイスラエル)をエジプトへ呼び寄せるところから語られました。(ヨセフが内閣総理大臣になるまでのところは、ココをクリック!)

この当時、全世界で大規模な飢饉があって、ヨセフの故郷でも食糧が尽きてしまっていました。でも、エジプトには多くの食糧が貯えられていた。ヨセフが夢で神様から語られて、飢饉に備えて豊作のときにしっかり貯えていたから。ヨセフは、食糧を求めてエジプトへ辿り着いた兄たちに向かって、こう言いました。

あなたがたは父のもとに急ぎ上って言いなさい、『あなたの子ヨセフが、こう言いました。神がわたしをエジプト全国の主とされたから、ためらわずにわたしの所へ下ってきなさい。あなたはゴセンの地に住み、あなたも、あなたの子らも、孫たちも、羊も牛も、その他のものもみな、わたしの近くにおらせます。ききんはなお五年つづきますから、あなたも、家族も、その他のものも、みな困らないように、わたしはそこで養いましょう』。(創世 45:9-11

Now hurry back to my father and say to him, 'This is what your son Joseph says: God has made me lord of all Egypt. Come down to me; don't delay. You shall live in the region of Goshen and be near me—you, your children and grandchildren, your flocks and herds, and all you have. I will provide for you there, because five years of famine are still to come. Otherwise you and your household and all who belong to you will become destitute.' (Genesis 45:9-11)

ヨセフは、兄たちの手によってエジプトへ売られました。そこに待っていたのは、奴隷としての生活。でも、神様はヨセフを祝福されました。どんな状況(主人の奥さんに誘惑されたり、濡れ衣を着せられて投獄されたり・・・)にあっても神様の義に生きることを選び続けたヨセフを、神様は豊かに祝福されました。そして、奴隷として足を踏み入れたエジプトの地で、ヨセフは内閣総理大臣となったのです。神様の、溢れるばかりの豊かな祝福の現われに他なりません。

・・・話が逸れました。今日の本題はココじゃない。() 今日のキーは、ヨセフのお父さんであるヤコブ。

先に書いたように、もう死んだと思っていた愛息子のヨセフが生きている!それだけでもヤコブにとってはかなりのビッグニュース!でも、それだけじゃない。エジプト(当時、世界一の大国とされていた豊かな国)の内閣総理大臣になっている!しかも、自分たちを飢饉から救うためにエジプトへ来るようにと招いてくれている!あまりの話の展開に、ヤコブはかなりの衝撃を受けたんです。聖書にも書いてある。

彼ら(ヨセフの兄たち)はエジプトから上ってカナンの地(ヨセフの故郷)に入り、父ヤコブのもとへ行って、彼に言った、「ヨセフはなお生きていてエジプト全国のつかさです」。ヤコブは気が遠くなった。彼らの言うことが信じられなかったからである。(創世 45:25-26

So they went up out of Egypt and came to their father Jacob in the land of Canaan. They told him, "Joseph is still alive! In fact, he is ruler of all Egypt." Jacob was stunned; he did not believe them. (Genesis 45:25-26)

ね???()

ここからが本題。

愛息子ヨセフの申し出を、ヤコブは喜んだに違いない。飛び上がるほどに嬉しかったに違いない。でもね、そんな有頂天になってしまうような状況でも、ヤコブは神様の御心を探ることを忘れなかった。

イスラエル(ヤコブ)はその持ち物をことごとく携えて旅立ち、ベエルシバに行って、父イサクの神に犠牲をささげた。この時、神は夜の幻のうちにイスラエルに語って言われた、「ヤコブよ、ヤコブよ」。彼は言った、「ここにいます」。神は言われた、「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下るのを恐れてはならない。わたしはあそこであなたを大いなる国民にする。(創世 46:1-3

So Israel set out with all that was his, and when he reached Beersheba, he offered sacrifices to the God of his father Isaac. And God spoke to Israel in a vision at night and said, "Jacob! Jacob!" "Here I am," he replied. "I am God, the God of your father," he said. "Do not be afraid to go down to Egypt, for I will make you into a great nation there. (Genesis 46:1-3)

Beersheba_sacrificial_altar_replica

ヤコブがエジプトへ行く前にしたこと。ベエルシバへ行って、礼拝を捧げること。

エジプトは、確かに豊かな国だった。当時の最先端をゆく文化もあった。飢饉にあっても食糧を持つ、豊かな国だった。でも、神ならぬ神々のある異教の国でもあった。

だから、ヤコブは戸惑ったんです。本当にエジプトへ行っていいのだろうか。ヨセフが招いてくれているのは本当に嬉しいし、今すぐにでも飛んで行きたい。でも、これは本当に神様の御心なんだろうか。

そして、そんなヤコブに神様は応えられました。わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下るのを恐れてはならない。わたしはあそこであなたを大いなる国民にする。(創世 46:3 ヤコブは、神様からの励ましと力を得て、エジプトへ向かいました。神様が共にいて祝福してくださる!という確かな約束を握って、エジプトへ向かいました。

253116385_d490125400

私たちクリスチャンも、エジプト(この世)で生活しています。働かなきゃいけないし、学校に行ったり、地域との関わりを持ったり、この世の中で生きる者としてすべきことはしなきゃいけない。でもね、大切なのはココ。いつも神様に近く歩めているか。神様の御心を歩めているか。

ヤコブは、エジプトへ行く前にベエルシバで神様の御心を問うたの。ベエルシバ、それは、ヤコブの父イサクや祖父アブラハムが神様に礼拝を捧げてきた聖なる場所。エジプト(異教の国、この世)へ出る前に、ベエルシバ(神様を礼拝するところ)へ行った。そこで神様の御心を求めて祈り、確かなみことばの約束を握って、エジプトへ行ったの。

私たちも、まだ神様のことを知らない人たちのところへ出て行くときに、ヤコブのように先ず神様の前に出る必要がある。神様からの知恵と力と励ましをいただいて、みことばを握って出て行く必要がある。無防備になってはいけない。心を守るため?もちろんそれもある。でもね、無防備だと、何の準備も出来ていないと、語れない。神様を知らない人に、福音(ゴスペル、ホンモノの愛)を伝えられない。

16795250

先にも書いたように、私たちはこの世で生活している。神様を知らない人たちが多くいる中で生活している。そこへ出て行く前に、先ず神様の前へ出よう。祈りとみことばによって一日をスタートさせよう。そして、出会う多くの人たちに、キリストを伝える者とならせていただこう。

162262165_82e17baa17

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。(ヨハネ 15:5

I am the vine; you are the branches. If a man remains in me and I in him, he will bear much fruit; apart from me you can do nothing. (John 15:5)

何一つできない。これは、しなければならないことを何一つできない、という意味。キリストを伝える。このことのために、いつも神様の前に出て命をいただき、実を結ぶ者になりたい!ベエルシバへ行こう!!

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

|

« じゅーしー!!! | トップページ | 繋がってきたぞー! »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゅーしー!!! | トップページ | 繋がってきたぞー! »