聖書のみことば

みことばチャレンジ

昨年に引き続き、教会学校のお友達と一緒に取り組んでいるみことばチャレンジ!今年の第一弾は、このみことばです!!!

わが子よ、確かな知恵と、慎みとを守って、それをあなたの目から離してはならない。それはあなたの魂の命となりあなたの首の飾りとなる。こうして、あなたは安らかに自分の道を行き、あなたの足はつまずくことがない。あなたは座しているとき、恐れることはなく、伏すとき、あなたの眠りはここちよい。(箴言 3:21-24

My son, preserve sound judgment and discernment, do not let them out of your sight; they will be life for you, an ornament to grace your neck. Then you will go on your way in safety, and your foot will not stumble; when you lie down, you will not be afraid; when you lie down, your sleep will be sweet. (Proverbs 3:21-24)

229505651_90c0da35e5

イメージしながら覚える!これがポイントだと思うのね。この間は、21節(わが子よ、確かな知恵と、慎みとを守って、それをあなたの目から離してはならない。)をじっくり噛み締めてみたよ。

●わが子よ

神様にとって、私たちは子ども。愛する、大切な子ども。これは、神様から私たちに贈られた大切なメッセージ。だから、「わが子よ」って呼びかけてくれてる。「いいかい、これはとっても大切なことだから、よーく覚えておくんだよ!」そんな呼びかけなんじゃないかな。

●知恵

物事の道理を判断し、処理していく心の動き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力、真理を見極める力。(by国語辞典) つまり、あるもの(事)を見て、それがどういうものかをしっかりわかる力。何がホンモノかを見分けられる力。また、それらのことに正しく対応できる力のこと。

●慎み

分別があること。謙虚なさま。(by国語辞典) 物事の良し悪しをきちんと分かること。また、へりくだって、相手の言うことを素直に受け入れる柔らかい心のこと。

P6170138

私の愛する子よ、正しいこと、ホンモノをしっかりと見極める力と、それを選び取っていく力を身につけてほしい。また、いつも素直な心でいてほしいんだ。お父さん・お母さんや学校の先生たちが言うこともそうだけど、何より私からのメッセージを柔らかい心で受け取ってほしい。

P8050266_2 

これが、神様からのメッセージ。神様が、私たちに願っておられること。何となく分かったような気でいる言葉(ここでは「知恵」&「慎み」)も、じっくり噛み締めると深く味わえるね。イメージしやすくなるね。

Sourdough_bread

神様からのことば。私たちの心の食べ物。昨年は、コレみたいな長編を含めて3つも覚えられたね。今年もたくさん食べよう!蓄えよう!!そして、元気になろう!!!

275705198_c1312038ef

あなたも一緒に「みことばチャレンジ」しませんか!??

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (0)

知恵を得る

ここ数日、このみことばがずっと響いています。

わが子よ、もしあなたの心が賢くあれば、わたしの心もまた喜び、もしあなたのくちびるが正しい事を言うならば、わたしの心も喜ぶ。

My son, if your heart is wise, then my heart will be glad; my inmost being will rejoice when your lips speak what is right.

351511181_c6a66d20a0

心に罪びとをうらやんではならない、ただ、ひねもす主を恐れよ。かならず後のよい報いがあって、あなたの望みは、すたらない。

Do not let your heart envy sinners, but always be zealous for the fear of the LORD. There is surely a future hope for you, and your hope will not be cut off.

222568385_080f9945f1

わが子よ、よく聞いて、知恵を得よ、かつ、あなたの心を道に向けよ。

Listen, my son, and be wise, and keep your heart on the right path.

Victory

家は知恵によって建てられ、悟りによって堅くせられ、また、へやは知識によってさまざまの尊く、麗しい宝で満たされる。知恵ある者は強い人よりも強く、知識ある人は力ある人よりも強い。良い指揮によって戦いをすることができ、勝利は多くの議する者がいるからである。

By wisdom a house is built, and through understanding it is established; through knowledge its rooms are filled with rare and beautiful treasures. A wise man has great power, and a man of knowledge increases strength; for waging war you need guidance, and for victory many advisers.

55944253_0e072f6d1a

わが子よ、蜜を食べよ、これは良いものである、また、蜂の巣のしたたりはあなたの口に甘い。知恵もあなたの魂にはそのようであることを知れ。

Eat honey, my son, for it is good; honey from the comb is sweet to your taste. Know also that wisdom is sweet to your soul;

613766_3868480d28

それを得るならば、かならず報いがあって、あなたの望みは、すたらない。(箴言 23:15-1924:3-6,13-14

if you find it, there is a future hope for you, and your hope will not be cut off. (Proverbs 23:15-1924:3-6,13-14)

私の心が、イエス様の前に喜ばれますように。私の思いが、イエス様の知恵に導かれますように。私の望みが、イエス様の麗しさに彩られますように。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (0)

土の器

今、苦しみを通ることで発見していること。それは、自分の弱さ。今まで気づかなかったことや、何となくごまかしてきたこと、自覚していたけどここまでヒドイとは思ってなかったこと、とにかく自分の中にある弱さという弱さがどんどん明らかになってきています。衝撃にも近いほどに、大小いろいろ出てくる、出てくる。

え・・・私ってこんなだったの???

そんな感じです。

でもね、それは決して自分を卑下するためなんかじゃない。弱さを嘆いて、落ち込むためなんかじゃない。イエス様は、そんなことを望まれない。じゃあ、なぜか?それは、研がれるため。磨かれるため。自分の弱さの、どこが研がれていくのか、どんなふうに磨かれていくのかをしっかり実感するため。そう思っています。

主からエレミヤに臨んだ言葉。「立って、陶器師の家に下って行きなさい。その所でわたしはあなたにわたしの言葉を聞かせよう」。わたしは陶器師の家へ下って行った。見ると彼は、ろくろで仕事をしていたが、粘土で造っていた器が、その人の手の中で仕損じたので、彼は自分の意のままに、それをもってほかの器を造った。その時、主の言葉がわたしに臨んだ、「主は仰せられる、イスラエルの家よ、この陶器師がしたように、わたしもあなたがたにできないのだろうか。イスラエルの家よ、陶器師の手に粘土があるように、あなたがたはわたしの手のうちにある。(エレミヤ 18:1-6

This is the word that came to Jeremiah from the LORD : "Go down to the potter's house, and there I will give you my message." So I went down to the potter's house, and I saw him working at the wheel. But the pot he was shaping from the clay was marred in his hands; so the potter formed it into another pot, shaping it as seemed best to him. Then the word of the LORD came to me: "O house of Israel, can I not do with you as this potter does?" declares the LORD. "Like clay in the hand of the potter, so are you in my hand, O house of Israel. (Jeremiah 18:1-6)

461146_9d039f72c5

陶器師は、粘土を用いて思いのままに形作る。ろくろに乗せて、ぐるぐる回して、形作る。仕損じたら、グシャって潰して、またやり直し。そして、納得のいく、その心に適った器を作り上げる。その粘土の質、量、色、風合い、全部を最高に引き立てられる器に仕上げていく。最初の、まだ土の塊でしかなかった段階から、美しい器に仕上がるまでの全工程において、細心の注意を払い、最大の関心を注ぎ、片時も手を離すことなく作り上げる。なぜなら、その陶器師にとって、その器は大切な作品だから。より良い状態に仕上げたいと願う、大切な大切な作品だから。そう、その器は、陶器師の心そのものだから。

277640595

今の私は、ろくろに乗せられた粘土。練って練って練りまくられて、柔らかくしてもらっているのかもしれない。混じっていた石ころを取り除いてもらっているのかもしれない。練られる私は、痛い。何かを取り除かれる私は、辛い。でもね、陶器師は知ってるの。そうすることが絶対に必要で、そうすることがベストなんだ!って。陶器師の心に適った、最高の器に仕上げるためにはそうすべきなんだ!って。

238232206_2d18098e43

私の陶器師は、イエス様。私は、イエス様の作品。土の器。陶器師であるイエス様の御心に適った器になるために、今、私は練られている。取り除かれている。研がれている。磨かれている。確かに痛いよ。それに辛い。でもね、そんなときに思い出すの。陶器師は、器を仕上げるまで絶対に手を離さない!最初から最後まで、その全行程において常に陶器師の手は器に添えられている!ってことを。

そう、私の人生には、常にイエス様の御手が添えられている。どんな状態のときも、どんな道を歩んでいるときも、どんな環境に置かれているときも、イエス様の御手が私から離れることはない。

イエス様、私があなたの御手のうちにあることを感謝します。途中でどんなにぐちゃぐちゃになってしまったとしても、最後まで私を丁寧に形作ってくださることを感謝します。あなたの御心に適った器になりたいです。私という土の器にあなたを満タンに入れて、いろんなところへ運んで行きたいです。

179417810_94d3f84257

私は、ただの土くれ。ただの粘土。でも、あなたの御手にかかると、最高の作品に変身できるんです。ありがとう!どうか、あなたのために用いてください。用いやすい器としてください。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (2)

イエス様の真実

今日、会社で尋常じゃないくらいショックなことがありました。仕事中ずっと張り詰めていた糸が、帰宅した途端にプツン・・・。拭っても拭っても流れ続ける涙を、今も止めることが出来ずにいます。

「イエス様、何で???」

56206868_9ea35e3694

すがるように開いた聖書。みことばが目に飛び込んできました。

シオンの娘よ、喜び歌え。イスラエルよ、喜び呼ばわれ。エルサレムの娘よ、心のかぎり喜び楽しめ。主はあなたを訴える者を取り去り、あなたの敵を追い払われた。イスラエルの王なる主はあなたのうちにいます。あなたはもはや災を恐れることはない。その日、人々はエルサレムに向かって言う、「シオンよ、恐れるな。あなたの手を弱々しくたれるな。あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。「わたしはあなたから悩みを取り去る。あなたは恥を受けることはない。(ゼパニヤ 3:14-18

Sing, O Daughter of Zion; shout aloud, O Israel! Be glad and rejoice with all your heart, O Daughter of Jerusalem! The LORD has taken away your punishment, he has turned back your enemy. The LORD, the King of Israel, is with you; never again will you fear any harm. On that day they will say to Jerusalem, "Do not fear, O Zion; do not let your hands hang limp. The LORD your God is with you, he is mighty to save. He will take great delight in you, he will quiet you with his love, he will rejoice over you with singing." "The sorrows for the appointed feasts I will remove from you; they are a burden and a reproach to you. (Zephaniah 3:14-18)

515306146_18e56f5870

イエス様、みことばをありがとう。私はあなたが真実な方であることを信じます。あなたが与えてくださる勝利の約束は絶対であることを信じます。人が私を否定しても、あなたは常に私を肯定し、受け入れ、愛してくださっていることを信じます。どうか、あなたのその真実を私に見せてください。このみことばが真実であることを、私に見せてください。イエス様、お願い。苦しいです。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

| | コメント (6)

生まれたときからずっと・・・

大好きなみことば。。。

あなたはわたしを生れさせ、母のふところにわたしを安らかに守られた方です。わたしは生れた時から、あなたにゆだねられました。母の胎を出てからこのかた、あなたはわたしの神でいらせられました。(詩篇 22:9-10

you brought me out of the womb; you made me trust in you even at my mother's breast. From birth I was cast upon you; from my mother's womb you have been my God. (Psalm 22:9-10)

473611645_75b774dfbc

私の人生は、神様の完全なプランの中にある。

| | コメント (0)

完全な愛

わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。わたしたちもこの世にあって彼のように生きているので、さばきの日に確信を持って立つことができる。そのことによって、愛がわたしたちに全うされているのである。愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。(1ヨハネ 4:16-18

515306146_18e56f5870

we know and rely on the love God has for us. God is love. Whoever lives in love lives in God, and God in him. In this way, love is made complete among us so that we will have confidence on the day of judgment, because in this world we are like him. There is no fear in love. But perfect love drives out fear, because fear has to do with punishment. The one who fears is not made perfect in love. (1 John 4:16-18)

| | コメント (2)

新年のみことば

あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。(ピリピ 2:13

it is God who works in you to will and to act according to his good purpose. (Philippians 2:13)

38217175_238

新しい年、イエス様に期待して祈りつつ歩みます。

心のうちにある思いが、イエス様からのものか否か。

もし、YESなら。私は諦めずに祈り続けます。願いを起こさせるのも、実現に至らせるのも、イエス様だから。

もし、NOなら。それを受け入れられるように祈ります。私の一番の願いは、イエス様のプランを真っ直ぐに歩むことだから。

3796482838

どちらにしても、私は祈ります。イエス様の御心を知るために。イエス様の御心に従うために。そう、すべてはイエス様のために。そんな一年にしたいです。

| | コメント (4)

keep going

お久しぶりです。一週間もお休みしちゃいました。

今日、木曜集会へ行きました。10日ぶりの礼拝(理由は、続きを読んでね)。メッセージを聞きながら、賛美しながら、涙がごーごー流れました。嬉しかった。ホントに嬉しかった。礼拝できることがこんなに嬉しいことだったなんて。当たり前だと思ってた恵みに改めて感謝。。。

この一週間は、いろんなことがありました。心身ともにクタクタでした。でも、イエス様はちゃんと私の手を握っててくれました。ありがとう。

3496363392

①風邪で寝込みました。

流行にしっかり乗っかってしまいました。先週の木曜日から体調があまり良くなくて、「疲れてるのかな~」なんて思ってたんです。そしたら、その翌日の金曜日には体調が悪化。職場の人曰く「かなりひどい顔をしていた」らしいけど、自分でもすごいしんどくて熱を測ってビックリ・・・!高熱やん!!翌日の土曜日も朝から夜まで教会での奉仕が入ってたんだけど、15時くらいには意識がモウロウとしてきてギブアップ。車で送ってもらって帰宅して、倒れこむようにしてベッドへ。そこからは起き上がることもままならず、撃沈。結局3日間も寝込みました(月曜日も会社を休んじゃいました)。こんなに寝込んだのは久しぶり。大好きな日曜日も、礼拝にも行けずベッドで一人うーうー唸ってました。

奉仕を途中で放って帰ってきたこと、礼拝に行けなかったこと、しんどいのに部屋で一人なこと、・・・ベッドでいろいろ考えてたら、何だか寂しくなってしまってました。でもね、そんな私にいろんな人が を届けてくれたんです。祈ってるよー!ってメールくれたり、食べるもんないやろ?今から持って行くわ!と忙しい中家まで届けてくれたり、全部ぜんぶ計ったかのように素晴らしいタイミングで。そのときに思ったんです。あー、神様の家族って最高やなぁ。神様で繋がれている関係って最強やなぁ。

イエス様、私に愛する神の家族を与えてくれてありがとう。祈ってくれる家族、支えてくれる家族、励ましてくれる家族。最高です!

もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。(1コリント 12:26-27

If one part suffers, every part suffers with it; if one part is honored, every part rejoices with it. Now you are the body of Christ, and each one of you is a part of it. (1 Corinthians 12:26-27)

3726685280

②職場でも忍耐の時期です。

私の所属している秘書室の体制が、年明けから大幅に変わることになりました。上司が変わり、それに伴って管轄も変わるんです。基本的な業務に変わりは無いとのことですが、そんなのわかんない。何しろいろんなことが大きくグルンと変わるんですから。入って間もない後輩を抱え、私の果たすべき責任が激増します。えらいこっちゃ。。。

「イエス様、なんで??」と、正直思いました。別に、今のタイミングじゃなくていいやん。別に、この方法じゃなくていいやん。なんで?なんで??・・・悶々とする私に、Tちゃんがメールをくれました。「大変やけど、イエス様と近づくチャンスやな!ローマ8:28やで!」 mimoちゃんもメールをくれました。「・・・ローマ8:28は真実!神様はにじちゃんの苦しみも痛みもよくわかってる。・・・」 そして、驚くべきことに今夜の木曜集会でも、(メッセージのイントロ部分で)ローマ8:28が語られました。イエス様が私にくれたみことば。ローマ8:28。これを握って歩みます。そう、これがイエス様のタイミング。これがイエス様の方法。

神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。(ローマ 8:28

we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose. (Romans 8:28)

| | コメント (0)

クリスマスの光

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。(ヨハネ 1:1-4

In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. He was with God in the beginning. Through him all things were made; without him nothing was made that has been made. In him was life, and that life was the light of men. (John 1:1-4)

3556603852

暗やみの中に歩んでいた民は大いなる光を見た。暗黒の地に住んでいた人々の上に光が照った。(イザヤ 9:2

The people walking in darkness have seen a great light; on those living in the land of the shadow of death a light has dawned. (Isaiah 9:2)

4214544320_2

光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。(ヨハネ 1:5

The light shines in the darkness, but the darkness has not understood it. (John 1:5)

304669785_126

すべての人を照すまことの光があって、世にきた。彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。(ヨハネ 1:9-13

The true light that gives light to every man was coming into the world. He was in the world, and though the world was made through him, the world did not recognize him. He came to that which was his own, but his own did not receive him. Yet to all who received him, to those who believed in his name, he gave the right to become children of God— children born not of natural descent, nor of human decision or a husband's will, but born of God. (John 1:9-13)

2425171515

神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである。(1ヨハネ 4:9

This is how God showed his love among us: He sent his one and only Son into the world that we might live through him. (1 John 4:9)

Pb270033

いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように。(ルカ 2:14

Glory to God in the highest, and on earth peace to men on whom his favor rests. (Luke 2:14)

 

Pc020025

クリスマスは教会へ♪

| | コメント (0)

私の手、離さないでね!

心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。(箴言 3:5-6

Trust in the LORD with all your heart and lean not on your own understanding; in all your ways acknowledge him, and he will make your paths straight. (Proverbs 3:5-6)

わたしはこの事を心に思い起す。それゆえ、わたしは望みをいだく。主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。(哀歌 3:21-23

this I call to mind and therefore I have hope: Because of the LORD's great love we are not consumed, for his compassions never fail. They are new every morning; great is your faithfulness. (Lamentations 3:21-23)

神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。(ローマ 8:28

we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose. (Romans 8:28)

304669785_126

イエス様、みことばをありがとう。あなたのなさることがすべて私に対する愛ゆえであること、またいつも最善であることを感謝します。あなたの真実の道を歩みます。私の手、離さないでね!

| | コメント (4)

より以前の記事一覧