映画

めがね

このあいだ、友達と映画を観に行きました。ずーーーっと行きたくて行きたくて、でもなかなか予定が合わなくて・・・やっとの思いで観に行けました♪

『めがね』 とてもリラックスできる、優しい気持ちになれる映画でした。画面を彩る風景や色使い、衣装や小物、細やかな描写、・・・本当にどれをとっても素敵!とても穏やかに流れていくストーリーに、シンプルなメッセージを感じました。

   

印象深かったシーンは、次の2つ。脚本家がそれぞれにどんな意味を込めたかは分からないけど、私が受け取ったメッセージをシェアしたいと思います。(ネタバレにならないように、観た人には分かる・・・くらいの内容にしておきますね。)

① 置き去りのトランク

大切なものを手に入れるために、時には何かを手放さなきゃならない。2つのものを同時に握ることはできないから。でも、それが本当に大切なものなら、何かを手放すくらいの価値がある。そして、自分にとっては大切だと固執していたものだったとしても、手放してみると実はそんなに大切なものでなかったことに気づく。大切なものは、とてもシンプル。そして、そんなに多くあるわけじゃない。そう、本当に大切なものはひとつだけ。

無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。(ルカ 10:42

only one thing is needed. (Luke 10:42)

② 飛んでいっためがね

当たり前のようにある習慣や経験。でも、それを取っ払うことで初めて見えるものがある。自分にとっての当たり前(価値観、感覚、経験など)しか持っていなかったときには見えなかったものが、それを取っ払うことで見えてくる。視点が変わると、見え方も変わる。同じものを見ても、全然違って見える。自分自身の見え方も、きっと同じ。自分を創ってくださった方(神様)の視点を知るときに、自分というものの価値が分かる。神様の見方で、物事を見られるようになる。そして、それが自分の新しい価値観になる。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。(イザヤ 43:4

you are precious and honored in my sight, (Isaiah 43:4)

みんなはどんなメッセージを受け取るのかなー。もし観た人がいたら、シェアしてください♪

『めがね』

【監督・脚本】荻上直子

【出演】小林聡美・市川実日子・加瀬亮・光石研・もたいまさこ

公式サイトはココをクリック♪

※荻上直子さんの作品で、大好きなのがもうひとつ。

『かもめ食堂』 ←これを好きな人は、きっと『めがね』も好きだと思います!

帰りに、お気に入りのパスタを食べに行きました!この日いただいたのは、

Pb190001

明太子とやりいかの濃厚クリームパスタ 焼きのり風味

Pb190004

友達は、熟成厚切りベーコンとコリコリエリンギ茸のチーズクリームソース

相変わらず、めちゃめちゃ美味しかったです!!!

| | コメント (0)

Life~天国で君に逢えたら~

少し前になるけど、Life~天国で君に逢えたら~」を観に行ってきました!(公式サイトはこちら) これは、プロウィンドサーファーの飯島夏樹さんの人生を描いたもの。いつだったか、何気なくつけたTVで、夏樹さんの追悼ドキュメンタリーをしていたの。キラキラ輝く笑顔を見て、「素敵・・・」そう思ったのがきっかけ。

それから暫くして、彼の奥さま(寛子さん)が書いてるブログを見つけて読むようになりました。映画化のこともここで知って、「絶対観に行くー!」って、春から言ってました。()

2332975380_2

続きを読む "Life~天国で君に逢えたら~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)